2019年11月9日土曜日

エリザベス女王杯展望(予想)2019



予想


ブエナビスタの時を筆頭に、色々なことが起きるレースだが、今回は人気馬の
中で多少の上げ下げ&面白そうな馬を少しピックアップ…というだけ。
特別には捻らず、地力と性能の王道競馬を想定したが、果たして。

◎クロノジェネシス
秋華賞は、前半の厳しい流れに引っ張られて、自身も高い水準のラップを踏んで
→直線も唯一最後まで落とさずに抜け出しての完勝。
馬体増で厚みが出て、かなりしっかりしたイメージになっていたし、シンプルに
強い…という感覚になった。当然その力は認めておきたいところ。
元々"長さ"を感じさせるタイプで、決め手も示している馬。距離延長&外回りに
替わる部分も問題ないはず。
ある程度しっかり仕上げるぶっつけG1から、上積みがどの程度あるのか?は
分からないが、一応叩き2走目。ここは素直に推しておきたい。

○ラッキーライラック
今回ついに乗り替わり。この馬&石橋脩Jの(ラップ的な)適性から考えて、
手が合わないとは全く思わないが、鞍上の「期するものがある」という状況が
プラスには働いていなかったイメージ…というのも事実。
その点、近走の中では最もリラックスした雰囲気で競馬が出来るかも知れない。
前走は、締まった展開の中で、前半から徐々に押し上げつつ、直線早め先頭の
競馬をして→最後だけ少し続かず…という3着。十分に格好はつけた。
その最後少し伸び切れない部分が、京都に対してはどうか?というのはあるが、
単純に地力で、やはり上位には扱っておきたい。

▲ラヴズオンリーユー
オークスは、締まった流れからの→早仕掛けという展開の中で、(結果的に)
ワンテンポ遅らせた仕掛けがはまった部分もあるが、自身も道中では高い水準の
ラップを踏んでいて(過去のオークスを遡ってもその水準はほぼ見られない)、
地力は当然認められる。
個人的には、内回りの白菊賞での強さから、秋華賞を意識したのだが、そこは
残念ながら回避。兄のイメージからも、本質はもう少し(一貫した)スピード
方向かも…というところで、この舞台がピッタリとはいかないかも知れないが、
横の比較をすれば、何だかんだやはり上位。可能性はしっかり考えたい。

注ポンデザール
未勝利~OPまで一気の4連勝。中でも前走は、50kgの軽斤量ではあったが、
(前半は緩いが)道中のかなり締まった展開を、勝負所~直線で外からまとめて
交わしての→突き抜け。交わされた馬の中には、その後秋の重賞で結果を出した
タイセイトレイルやドレッドノータスが含まれている訳だし、それらに対して
3馬身半差なら、やはりこれは強い内容と言っていいはず。
昨年の未勝利勝ちの時が450kg台で→近走は490kg台。もはや別馬という雰囲気
だし、流れに乗り切れるか?という部分はあるものの、これは注目したい。
昨年も"別馬"になった4歳のハーツクライ産駒がここを勝利。怖い存在。

△クロコスミア
ここでは2年連続で2着している馬。適性は当然高い。
(特に牝馬が)3年連続で好走…というのはかなり難しいことだとは思うが、
府中牝馬Sの内容を昨年と比較すれば、今年の方が踏んだラップの水準が高くて
末は伸ばせていないものの、パフォーマンス自体はほぼ同じ。状態は悪くない。
今までこの馬に乗ってきたジョッキーは、持続力勝負に強いタイプだった中で、
今回はやや切れ寄りの藤岡佑Jという部分で、手が合うのか?というのはあるの
だが、それなりに淘汰できる水準のマイペースを刻めれば、やはり残る可能性は
あって良さそう。(そう言いながら少し下げてるが)注目はしたい。

△スカーレットカラー
府中牝馬Sは、前半は完全に受け流した格好だが、道中を高い水準で進めつつ→
しっかりとした決め手を発揮しての勝利。
そこでのパフォーマンスで言えば、昨年の(今や世界的な)上位馬に迫るような
水準だし、当然その力は認められる。
ただしこの馬は、ある程度キビキビとした脚の使い方をするため、外回り2200m
ということを考えると、効率の部分で少し気にはなるタイプ。
その点、内枠なら…と思っていたのだが、外枠。岩田Jなのでロスなく回っては
来そうだが、最初から好騎乗込みというのは、感覚的には少し推しづらい…。

△シャドウディーヴァ
秋華賞は、ちょうど中団辺りでポツンという位置取り。その点、相対的に速い
流れは受け流した格好にはなるのだが、それでも、(この馬のポジションでも)
自身としては前傾の内容になっていて、ただの恵まれ…という訳ではないはず。
もちろん、この馬よりも前から進めつつ→上がりも上回った勝ち馬に対しては
どうしようもないが、一定の地力は認めておきたい。
ローズSは何も出来ずに9着だった馬が→本番では巻き返しての4着。
位置取りや競馬自体はもちろん違うが、モズカッチャン的ではあるし、それに
近いような適性だとすれば、はまる可能性はあってもいいのかも。





0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事