2020年11月11日水曜日

京王杯2歳ステークス回顧(ラップ分析)2020


まとめ
  • 前半速く、そこからの溜め→加速という展開。
  • 持久力&切れが問われた。

京王杯2歳S結果

モントライゼ1.21.8 34.5 02-02
ロードマックス1.21.8 33.7 10-11
ユングヴィ1.21.9 34.0 07-08
ストライプ1.21.9 34.0 07-08
リフレイム1.22.0 33.8 10-11

天候:曇 芝:良
上り4F:47.1 3F:34.7
前半3F:34.7
12.1-10.6-12.0-12.4-11.4-11.3-12.0



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、スタート直後がかなり速く、その分道中は一旦溜めつつ
→勝負所でしっかりと加速する形。

今回の場合、前後半で言えばぴったりとイーブンではあるのだが、はっきりと
した後傾の展開が多いこのレースとしては、やはりかなり速い入り方。
(10年以上遡るとまた違ってくるが)

しっかりと引っ張られつつ→道中以降は緩急がつく形で、適性的には、持久力
&切れが問われた。

脚質的には、この展開&内の馬場が悪い…というところで、外差し(中団)が
優勢に。立ち回りだけではどうしようもないレースではあった。

この先に向けては、内先行の巻き返しというのも一応は考えたいところだが、
まずは上位の地力を素直に認めつつ、それぞれの適性に沿って細かく上げ下げ
…という結論にしておきたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

モントライゼ
番手から、スタート直後に脚を使いつつ、溜め→切れという形での押し切り。
他の上位が前半は受け流していることを考えれば、当然高い評価ができる。
今回は馬体が大きくなり、ダイワメジャー産駒らしいフットワークで、パワー
&"惰性力"を感じさせる走り。
このイメージであれば、もう1Fの延長も出来て良さそうな雰囲気ではある。
もう1つ末を伸ばせるか?とか、相手との兼ね合いもあるが、暮れに向けても
当然注目はしておきたい存在。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事