2020年11月11日水曜日

みやこステークス@阪神回顧(ラップ分析)2020


まとめ
  • 道中が極端に締まった展開になった。
  • 高い持久力&持続力が問われた。

みやこS結果

クリンチャー1.49.9 37.3 03-04-02-02
ヒストリーメイカー1.50.4 37.6 05-06-06-04
エイコーン1.51.1 37.7 10-10-09-08
エアアルマス1.51.2 38.7 02-02-02-01
マグナレガーロ1.51.4 38.6 05-05-04-04

天候:晴 ダート:良
上り4F:49.4 3F:37.4
前半1000m:60.5
12.6-11.2-12.7-12.1-11.9-12.0-12.2-12.0-13.2



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半は平均弱の流れ(遅くはない)から、道中が極端に
締まった展開。そこから一定に近いスピードを維持しつつ→最後は落ち込む形。

今回の特徴は、言うまでもなく道中の速さ。
例年の(京都開催の)みやこSとしても、同舞台の重賞アンタレスSとしても、
はっきり厳しいと言える水準になっていて、高い持久力&持続力が問われた。

脚質的には、この展開&パワー方向の条件という点で、内先行には厳しくなり、
基本は(外)差し優勢のイメージだが、とにかく今回は地の強さというレース。
力があってこそだった。

本番に向けては、中京ではもっと立ち回りの部分も重要になるし(そこは騎手の
意識にも依る)、もう少し末を伸ばす必要もあるので、ピッタリつながるか?は
微妙だが、少なくとも水準の部分はクリア。勝ち馬などには当然注目したい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

クリンチャー
ある程度好位の外から、道中は速い区間でジワっと詰めている内容で、そこから
上がりもしっかりとまとめての押し切り。
変化というよりも、耐える・居続けるというレースで、この馬の適性には合って
いた部分はあるが、その地力は当然認められる。
今回のような外を回す正攻法は、中京では逆境の立場になる可能性もあるので、
本番は枠やスタート次第というイメージだが、(ダートでも)地の強さという
部分では、他路線のG1常連組にも引けを取らない水準に到達していそう。
当然有力な1頭という見方をしておきたいところ。

エアアルマス
最後は少し苦しくなったが、骨折休養明けで58kg。厳しい展開を好位から進め
つつ、前が早々に脱落したことで、直線は内を通った格好。それでも直線半ば
まではまずまず粘っていたのだから、最低でも及第点とは言えそう。
今年は東海Sが京都開催だったので、中京は経験出来ていない馬だが、好位から
上がりをまとめられるタイプ的に、適性的にはハマっても良さそうに思える。
状態の上積みがあれば、そして(出来れば)先手を取れるなら、面白そうだが。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事