2020年11月6日金曜日

ファンタジーステークス@阪神展望(ラップ傾向&予想)2020


まとめ
  • 前半まずまず、その後淀みなく…という展開を想定。
  • 一定の持久力&持続力が問われる。
  • 予想◎ミニーアイル

参考ラップタイム(フィリーズレビュー&ききょうS平均)




ラップ傾向

阪神開催。時期&格的に、フィリーズレビューとききょうSの中間くらいか…と
漠然と考えて、とりあえず両者の平均を比較してみたい。

それらのラップタイムを見ると、フィリーズレビューは、はっきりした前傾戦に
なって、高い持久力&持続力が問われる展開。
一方でききょうSは、ミドルペースから、持続力(&切れ)が問われる展開。

後者は頭数が落ち着きやすい…ということもあるだろうが、2歳戦だけあって
なかなかペースが上がらない分、後半の比重が大きくなっている。

そこから考えるとここは、牝馬限定という部分はあるものの、一応は重賞。
(ききょうSは強い馬が勝っているので、実際に格が上がるのか?は微妙だが)
前半がもう少し流れつつ、一定の持久力&持続力勝負…くらいのイメージか。

耐える力と上がりをまとめる力。それらをバランス良く示している馬を中心に
選んでみたい。


好走する条件
・一定の持久力&持続力があること



予想


(ほぼ牝馬限定戦だった)ききょうS組はなぜ1頭も来ないのか…。

◎ミニーアイル
ゲートを出る気が(たぶん)全くなかった新馬戦は、後方から徐々にリカバリー
しつつ→直線も最後までしっかりと脚を伸ばしての浮上。
実質的に小倉2歳Sと近い水準で引っ張られた前走では、多少はマシになった
スタートから、高い水準のラップを踏んで、勝負所余裕での→完勝。
ブレないイメージで、地の強さと奥の深さを併せ持ち、大物感がある。
ゲートの心配はやはりあるものの、ここは推し切っておきたい。

○ラヴケリー
6Fの引っ張られる展開でしっかりと浮上しつつ(函館2歳S)、7.5Fのやや
後傾の展開でも上がりをまとめて勝ち負け(クローバー賞)。
あと1つ勝ち切れていないものの、それらの合わせ技で、7Fのここにピッタリ
はまる可能性はありそう。
今のところは展開よらず。安定した相手候補という部分で、高めのこの位置に。

▲メイケイエール
小倉2歳Sは、速い流れに引っ張られつつ→しっかり上がりをまとめての勝利。
とりあえずそのパフォーマンスは高いし、地力では当然上位扱いになる。
現状示しているのが前傾の内容のみで、少し行きたがる雰囲気から、距離延長に
対しては1度見てから…と、評価は少しだけ控えるが、持続力自体は十分にあり
そうなタイプ。可能性としてはもちろん頭まで考えておきたい。

注オパールムーン
前走は、新馬戦としては速い流れに引っ張られつつ→上がりをしっかりまとめる
内容での勝利。一定の地力は既に示している。
もちろん、ここで更に速いスピードで引っ張られてどうか?というのはあるが、
単純に考えて、ククナにも勝っている馬。
人気はしていないが、相手にはやはり気にしておきたい存在ではある。

△ヨカヨカ
新馬戦で切れ勝負を制しつつ、フェニックス賞はハイペースを押し通して勝利。
地力があり、後半にも味が出せるという部分で、距離延長に対応できる可能性は
一応あって良さそう。
フリードのような馬もいて、前半脚を使い過ぎてしまいがちなこの舞台…という
部分で、脚質的に評価は1つ下げるが、上位には当然考えておきたい。

△オプティミスモ
新馬戦は、ある程度速い流れを好位から→上がりをしっかりとまとめての勝利。
勝負所では一応変化がつく展開だったので、示した適性という点では少しだけ
ズレるかも知れないが、パフォーマンス自体は十分に高く、2戦目の上積みを
考えれば、普通に上位争いが出来ても良さそう。
前走と同じ競馬(好位外のポジション)だと難しさはあるが、注目はしたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事