2020年11月11日水曜日

アルゼンチン共和国杯回顧(ラップ分析)2020


まとめ
  • 前半部分が速く、そこからの溜め→大加速という展開。
  • 持久力&切れが問われた。
  • (外の)差し馬優勢。

アルゼンチン共和国杯結果

オーソリティ2.31.6 34.4 03-03-03-03
ラストドラフト2.31.8 34.2 07-08-07-09
サンアップルトン2.31.9 34.1 12-12-12-12
ユーキャンスマイル2.32.0 34.6 11-11-09-04
タイセイトレイル2.32.0 34.7 06-06-06-04
サンレイポケット2.32.0 34.4 09-09-09-09

天候:曇 芝:良
上り4F:47.5 3F:34.9
7.3-11.3-11.1-11.8-12.2-12.1-12.8-12.9-12.6-12.6-11.3-11.2-12.4



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半速い&なかなかスピードが落ちない展開で、道中は
向こう正面~コーナーでしっかりと落ち着きつつ→勝負所で大きく加速する形。

今回の特徴は、まずはやはり前半部分の速さ。
長い隊列ではあったものの、そこで引っ張られたことで、勝負所までしっかりと
余力を残すには、一定以上の持久力が必要になったはず。

また後半は、じっくりと溜めつつ→極端に大きな加速が入る展開で、適性的には
当然切れが問われた格好。

脚質的には、引っ張られての溜め→切れという部分で、差し馬(外)にとっては
おあつらえ向きの展開。内の馬場が悪く、馬群全体が大回りになる中で、あまり
後ろからでは差しづらかったが、前の馬にはさすがに少し難しくなった。

この先に向けては、地力が問われつつの、ダイナミックな展開…という点で、
長めの距離に対する1つの裏付けにはなりそうだし、上位馬をまずはしっかり
評価したいところ。
あとは、前から負けた馬の巻き返しにも一応注目はしておきたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

オーソリティ
骨折休養明け。前半の速い流れにある程度つき合いつつも、直線は力感のある
走りでしっかり→最後も踏ん張っての押し切り。
斤量差はもちろんあったが、他の上位馬が基本的に前半を受け流していたことを
考えれば、当然これは強い内容だと言っていいし、個人的な指数でも結構破格の
数字になっている。改めて、3冠馬だけではない世代。
タイプ的には、大きな走りで、パワーもあり…というところで、阪神の長丁場は
ちょっと面白そうなイメージだが、とりあえずは秋。どこに向かうのか?はまだ
分からないが、注目はしておきたい存在。

ユーキャンスマイル
トップハンデ58kgを背負いつつ、馬場の悪い内寄りに閉じ込められての周回。
後半はコーナリングを利用して上手く押し上げるも、先に脚を使っている分、
勝負所の大きな加速に苦労して→最後が伸び切れなかった。
内容と条件を考えれば、これは仕方がない…とは言えるし、とりあえずは崩れ
なかっただけでも、まぁ良しといったところ。
JCがメンバー揃い過ぎなので、ここは逆境を跳ね返してでも勝ち切るくらいで
ないと…というのはあるが、上位候補の1頭としては当然考えておきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事