2020年11月18日水曜日

デイリー杯2歳ステークス@阪神回顧(ラップ分析)2020


まとめ
  • 道中がビッシリと締まった展開。
  • 高い持久力&持続力(&一応は切れ)が問われた。

デイリー杯2歳S@阪神結果

レッドベルオーブ1.32.4 34.0 05-05
ホウオウアマゾン1.32.4 34.2 02-02
スーパーホープ1.32.6 34.2 06-05
ビゾンテノブファロ1.33.2 34.5 08-08
カイザーノヴァ1.33.3 35.1 02-02

天候:晴 芝:良
上り4F:45.8 3F:34.3
前半4F:46.6
12.9-10.9-11.2-11.6-11.5-11.4-10.9-12.0



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、やや落ち着いた入り方から、道中はビッシリと締まった
展開。そこから勝負所で一応加速を示しつつ→最後は落ち込む形。

今回の特徴は、やはり道中の速さ。
馬場を考えてもその水準は高くなっていて、適性的には、高い持久力&持続力
(&一応は切れ)が問われた格好。

脚質的には、締まった展開なので、多少は控えた方が…といったところだが、
それよりも今回は、コーナーが11秒台半ばで流れたレースで、外を回して押し
上げればたちまち11秒台前半を刻むことになる形。ロスなく回すということが
ハッキリと重要になった。

本番に向けては、今年は連続開催なので、1ヶ月後、馬場がどうなっているか?
分からないし、レースの性質もおそらく少し違ってくる。
それでも、例年の水準から言えば、今回の上位のパフォーマンスは普通に高い
扱いにはなりそうで、つながる可能性はやはり意識しておきたいところ。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

レッドベルオーブ
少し控えたインから進めつつ→直線も内に切り込んだ格好で、なかなか交わせ
ないものの、最後はディープらしい"惰性力"を発揮して振り落としての勝利。
前走でも厳しいスピードレースを制していた馬だけに、元々この展開に対しての
裏付けはあったが、今回は後傾の内容。この先に向けてその点は収穫だった。
"溜め"の部分の課題はあるが、地力は既に十分すぎるものを証明している。
当然、本番でも可能性は考えたい存在。

ホウオウアマゾン
途中から相手に譲りつつ、好位インの絶好のポジションから進めた格好だが、
締まった展開の中で、直線も地の強さを見せつけての→粘り込み。
脚が上がってからの戦いでは、基本的にキンカメ産駒よりもディープ産駒の方に
分があるので、最後競り負けたことは仕方のないところ。
パワー系に見えるタイプで、その手の馬がこのスピードレースでしっかり勝ち
負けを演じたことはかなり大きいし、これは想像以上に強い馬なのかも。
可能性は十分。しっかりと注目しておきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事