2021年8月15日日曜日

小倉記念展望(ラップ傾向&予想)2021


まとめ
  • 前半速い流れから、その後もあまり息の入らない展開になる。
  • 一定の持久力&スピード持続力が問われる。
  • 予想◎ファルコニア

過去のラップタイム

2020 12.0-10.8-11.3-11.8-12.2-12.2-12.0-11.5-11.7-12.0
2019 12.0-11.5-12.0-12.9-12.0-11.5-11.5-11.6-11.6-12.2
2018 12.5-11.2-11.9-12.5-11.9-11.7-11.7-11.1-10.9-11.5
2017 12.3-10.8-11.3-12.3-11.6-11.5-11.9-11.9-11.8-12.2
2016 12.5-11.7-12.0-12.5-11.8-11.8-11.6-11.7-11.8-12.6
2015 11.9-10.7-11.4-12.2-11.7-11.8-12.0-12.1-12.2-12.0
2014 12.4-11.0-11.3-12.8-12.5-11.9-12.1-12.0-11.4-12.4
2013 12.3-10.8-11.1-12.0-11.8-11.9-12.2-11.8-11.3-11.9
2012 12.2-10.7-11.6-12.5-12.0-11.8-11.6-11.6-11.7-11.6
2011 11.8-10.7-10.8-12.0-11.8-11.8-12.0-12.0-11.8-12.6

過去10年の平均ラップタイム
12.19-10.99-11.47-12.35-11.93-11.79-11.86-11.73-11.62-12.10
1.58.03



ラップ傾向

(過去記事の転載)

ラップタイムを見ると、前半がかなり速くなり、コーナー部分で多少は落ち着く
ものの基本的には道中は淀みなく流れ、勝負所まで一定に近いスピードを維持
しつつ→ラスト1Fだけ少し落ちる形になっている。

このレースは、前半からある程度引っ張られて、その後もほとんど息を抜けない
展開になるため、当然のように一定の持久力は問われる。

また近年に関しては、1分57秒台が当たり前…というようにスピード化が顕著に
なっていて、終いの部分を"耐える"というよりも、ラストまでトップスピードを
"維持する"ということが必要で、地の強さで他力本願的に差すタイプより、高い
性能を備えたタイプの方を中心に考えたいところ。

※近年流れが少し落ち着く傾向にあり、このままいくと全体がもっとフラットな
形になりそうな雰囲気だが、現時点ではまだちょっと様子見。文面も据え置く。


好走する条件
・一定の持久力は必要
・スピード持続力があること



予想


日曜の日中は、とりあえず雨は上がりそう。
回復途上の馬場という中で、頭数が落ち着いて→展開がフラットな方に近づく
可能性もあるし、ロスなく進められそうな馬を中心に考えてみたい。

◎ファルコニア
エプソムCは、コーナーの前後でインから動いた格好。その分最後は伸び切れ
なかったが、道中~上がりで長い脚を使って、内容的には↑で想定した展開に
対してもつながってそうな雰囲気。
スタートをしっかり決められれば…というのはあるが、好位インから→交わす
だけという競馬で、勝ち切るイメージは十分に湧く。素直に期待。

○グランスピード
前走は、逃げて道中をかなり締め付けつつ、他は差し馬が浮上した中でしっかり
粘り込んでの2着。その地力は十分に認められる。
今回は格上挑戦になるが、斤量は4kg軽くなるし、メンバー的にあっさり先手を
取れても良さそう。
馬場の回復次第というところはあるが、残る可能性はやはり考えておきたい。

▲アールスター
新馬戦を除けば、とりあえず小倉では常に格を上げている…という経歴。
昨年の小倉記念は軽斤量での勝利だったが、加算された小倉大賞典でもしっかり
格好はつけているし、やはり上位には扱っておきたい。
前走は道悪&内を通る形で結果が出なかったが、その時は徐々に悪くなる馬場。
今回は一応その逆だし、最内枠が奏功する可能性はあっていいはず。注目。

注ショウナンバルディ
七夕賞は、中団前寄りのインから進め、後半少し持ち出しつつ→最後ジワジワと
迫っての3着。レース全体を通して平均的に脚を使って、持続力を示した。
とりあえずは今回も、ほとんど変わらない枠から→同じような競馬でいいはず
だし、ロスなく→なだれ込む可能性は十分。
勝ち切るまではともかく、相手にはしっかりと考えておきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事