2021年8月20日金曜日

小倉記念回顧(ラップ分析)2021


まとめ
  • スローからの→ロングスパートという展開で、最後は落ちる形。
  • 脚の使い所の問題が大きいが、持続力が問われた。

小倉記念結果

モズナガレボシ1.59.7 35.0 07-08-08-09
ヒュミドール1.59.8 35.4 06-06-04-05
スーパーフェザー2.00.2 35.5 09-09-08-03
ダブルシャープ2.00.2 35.8 07-06-04-05
ショウナンバルディ2.00.6 36.2 02-02-04-05

天候:曇 芝:稍重
上り4F:47.0 3F:35.6
前後半1000m:61.4-58.3
12.8-11.5-12.1-12.7-12.3-11.3-11.4-11.5-12.2-11.9



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半はかなりゆったりとした流れだったが、向正面で
一気にペースアップする展開で、上がりの部分はしっかりと落ちる形。
(最後の加速は前後がハッキリ入れ替わった結果)

前日の状態からすればかなり回復していたとは言え、例年よりも掛かる馬場。
その中で今回は、ラスト5Fの区間で11.3秒まで上げる…という競馬になった。
いくら前半がスローでも、全力がずっと続くはずはなく、前は明らかに1F早い
タイミングで仕掛け→1F早いタイミングで止まったイメージ。

実際に脚質的には、前半の後ろ4頭が→そのまま上位4頭という結果。
それらはもちろんしっかりと持続力を発揮した格好だが、それ以上に、脚の使い
所の問題で、他が勝手に止まった感が否めない部分はある。

したがって今回の場合は、全体の中で相対的に評価することは難しい印象だし、
上位(特に2頭)の絶対評価のみに止めたい感覚になる。
他の馬に関しては、それぞれの挙動をしっかり確認しつつ、次戦以降で巻き返す
可能性を考えてみたいところ。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事