2021年8月5日木曜日

クイーンステークス@函館回顧(ラップ分析)2021


まとめ
  • 一貫した流れから、最後は落ち込む展開。
  • 持久力&持続力が問われた。

クイーンS結果

テルツェット1.47.8 35.2 10-10-09-11
マジックキャッスル1.47.9 35.6 04-04-05-04
サトノセシル1.47.9 35.5 07-07-07-08
フェアリーポルカ1.48.0 35.8 04-04-03-02
クラヴァシュドール1.48.2 35.5 10-10-12-08
ローザノワール1.48.2 36.4 01-01-01-01

天候:雨 芝:良
上り4F:47.9 3F:36.0
前半1000m:59.9
12.2-11.7-11.9-12.0-12.1-11.9-11.8-11.8-12.4



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半まずまずの入り方から、道中は淀みのない展開。
そこから後半はジワジワと脚を使いつつ→最後は落ち込む形。

今回の特徴は、(雨で少し悪化した馬場を考えれば特に)道中が締まった流れに
なったこと。極端に速いという瞬間はなかったものの、レース全体として一貫
したラップを刻んで、しっかりとした”溜め”が入らなかった。
適性的には当然、持久力&持続力というレースだった。

脚質的には、それなりに高い位置取りの馬も残っているし、ぶん回しが許される
程ではなかったものの、馬場&展開によって、最後はやや差し(極力ロスなく
捌いてきた馬)が優勢になった印象。

この先に向けては、とりあえず今回は道中水準の部分で地力がしっかり問われた
ので、上位の力をまずは信頼して良さそう。細かい上げ下げはしつつも、素直に
それらの活躍に期待…といったところ。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

テルツェット
後方からじっくりと進めて、後半はぶん回すことなく、中を捌きつつ→きっちり
差し切っての勝利。タイミング&コース取りという点で、鞍上の好騎乗だった。
もちろん馬自身も高い持続力を発揮した格好だし、このレベルの中距離を実際に
こなしたことは収穫。秋に向けても可能性が広がった雰囲気だし、実際に重賞で
結果を出している舞台が中山&函館ということを考えれば、“内回り”にハマる
可能性もあって良さそう。とりあえずは、その動向に注目したい。

マジックキャッスル
ある程度好位からじっくりと進めて、直線少し持ち出しつつ→捕らえた…という
ところから交わされての2着。レースのタイミングで雨が降り、実質締まった
道中から→最後が落ちる展開になって、結果的にはポジションを取ったことが
裏目に出た格好。斤量を背負う立場でもあったし、とりあえずこれは負けて強し
ということで良さそう。
とにかく牝馬戦線の中では本当に安定している。速い馬場&中距離という条件に
なる秋G1に向けても、当然注目すべき1頭ということになりそう。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事