2021年12月5日日曜日

チャンピオンズカップ展望(予想)2021



予想


ソダシの参戦でとても華やかな雰囲気になったが、同馬も含めて前に行きそうな
馬も多数。⇒中を開いてみれば、ゴリゴリの地力勝負かも知れない。
厳しい展開を耐えたor浮上した経験を重視しておきたいところ。

◎チュウワウィザード
昨年ここを勝利。その時は厳しい展開に引っ張られ、自身も道中でかなり脚を
使いつつ→上がりをまとめた格好で、そのパフォーマンスで考えれば当然上位。
その後は、どこまでも光るドバイWC2着から→帰国初戦で少し物足りなかった
帝王賞がありつつ、前走JBCクラシックで3着して、まずまずの復調気配。
昨年よりもさらに外寄りの枠になった点がどうか?だが、先行勢が多いメンバー
ではあるし、ある程度受け流しつつ、少しでも中に入れられれば、展開的には
十分ハマっていいはず。ここは連覇に期待しておきたい。

○インティ
ここでは2年連続で3着。一昨年はミドルペースから→道中~上がりという脚の
使い方だったが、昨年は前半~道中でかなり厳しいラップを踏みつつ→しっかり
粘り込んだ格好。実力&この舞台への適性で考えれば、やはり上位の存在。
そろそろ年齢的にどうか?という部分もあるが、臨戦過程で言えば昨年は南部杯
9着からだが、今年は4着から。内枠も引いたし、むしろ前進する可能性も全く
ないとは言い切れない。人気は甘いし、ここはしっかりと注目してみたい。

▲テーオーケインズ
久々の前走は一息だったが、帝王賞は、引っ張られる展開の中で、平均的に脚を
使う内容(やや前傾)から→上がりをまとめての完勝。
同舞台で言えば名古屋城Sは、道中をかなり高い水準で進めて勝利しているし、
地力&適性ともにやはり上位に扱える。
トップまで昇りつめた3連勝は、全て脚抜きのいい馬場だった…という部分で、
多少ケチがつくかも知れないが、やはり可能性は考えておきたい存在。

注カフェファラオ
昨年のここでは、ずっと外を回して厳しい競馬になり、正直に言ってルメールJ
らしからぬ…という感覚になったのだが、それでも6着。
古馬との斤量差も1kgだけだったし、成長分を考えれば、今年はそれを上回って
くる可能性も十分にありそう。
大外枠を引いたので、結局は推し切れない…という感覚になってしまったが、
当然しっかりと注目はしておきたい存在。

△サンライズホープ
シリウスSは、道中締まった展開を、好位外から進めつつ→最後惰性を効かす
形での押し切り。とりあえず、中京のコース形状に対する適性は高そう。
100mの距離短縮という以上に、もっとスピード色が濃くなるこの舞台で、現状
トップクラスを相手にどこまで?というのはあるが、水準自体に対応できるよう
なら、得意の坂上で主張できる可能性はあるのかも。相手には。

△オーヴェルニュ
単純に、中京で示しているパフォーマンスは相当に高い馬で、東海Sの内容で
あれば、勝ち負けに近いレースが出来ても全くおかしくはない。
経歴的には、勝ちか負けか…というイメージになっていて、直近のみやこSも
正直かなり物足りないのだが、スマートファルコン(産駒)らしく、厳しければ
厳しいほどいい…という部分もあり、そこは今回叶うのかも。⇒相手には。

△ソダシ
いずれはダートでも…という思いはあったものの、ここの(特に道中)水準は
かなり高いので、そのための裏付けはまだない…という扱い。
坂上の惰性は効きそうなタイプなので、舞台への適性は悪くないし、今回は斤量
差もあって、期待してみたい思いも当然あるが、とりあえずは1度見てから…
という感覚になる。あとは初ダートで内枠。どうするのかな?といったところ。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。