2021年12月12日日曜日

カペラステークス展望(ラップ傾向&予想)2021


まとめ
  • 前半かなり速い流れから、後半はしっかりと落ち込む展開。
  • 先行力&持久力が問われる。
  • 予想◎リュウノユキナ

過去のラップタイム

2020 11.4-10.5-11.3-12.1-11.9-12.6 33.2-36.6
2019 11.7-10.2-11.0-11.6-12.0-12.8 32.9-36.4
2018 11.8-10.3-11.3-11.8-12.1-12.9 33.4-36.8
2017 12.0-10.8-11.2-12.1-12.1-12.8 34.0-37.0
2016 11.8-10.4-11.1-11.9-12.0-13.0 33.3-36.9
2015 11.6-10.0-10.9-11.8-12.3-13.1 32.5-37.2
2014 11.8-10.4-11.1-11.6-11.9-12.7 33.3-36.2
2013 12.1-11.0-11.2-12.1-11.9-12.4 34.3-36.4
2012 11.9-10.6-11.7-12.4-12.1-12.1 34.2-36.6
2011 11.8-10.5-11.4-12.0-11.6-11.8 33.7-35.4

過去10年の平均ラップタイム
11.79-10.47-11.22-11.94-11.99-12.62
1.10.03 33.48-36.55



ラップ傾向

(過去記事の転載)

過去のラップタイムを見てみると、前半が相当に速くなって、勝負所は何とか
踏み止まりつつも、後半はガクっとペースが落ちる展開。

ここの特徴は、やはり前半の極端なまでの速さだと言えて、速い流れへの対応力
(スピード)と、終いの部分を粘れる持久力を備えていることが必須となる。
(多少落ちついた年でも、結局展開的にはしっかりとした前傾)

脚質的には、前残りも差し決着もあってペース次第という他はないが、差し馬の
場合も、(個々のパフォーマンスとしては)前半しっかり脚を使っている内容を
示していて、やはりここでは、ハイペース耐性の裏付けだけは取っておきたい。


好走の条件
・先行力(スピード)があること(注:位置取りではない)
・高い持久力が必要



予想


◎リュウノユキナ
しばらくは地方巡業が続いたが、同舞台のジャニュアリーSは果てしなく強く、
その時のパフォーマンスで考えれば、ここでは普通に上の扱い。
今回はそれ以来の中山ということで、適性的に(近走の内容から→)前進を示す
可能性が高そうだし、枠も(ジャニュアリーSと)同じ1枠1番。
モズスーパーフレアが激しく強かった…という事態もあり得ない訳ではないが、
実際に強い競馬をしているこの馬をまずは信頼して、推し切っておきたい。

○モズスーパーフレア
ついに中央ダートに参戦!となる訳だが、元々芝スプリント界のトップクラスに
いて、地方のダートもこなしている馬なので、その中間に位置するイメージの
ここには、とりあえずハマっても良さそう。
芝スタートの大外枠に入って、その区間の速さでは(当然)断トツだろうし、
本命は相手に譲るものの、やはり可能性は考えておきたいところ。

▲ダンシングプリンス
昨年ここでは3着。最後は競り負けたものの、番手から→直線しっかりと粘り
込んだ格好で、その時のパフォーマンスで考えれば、当然上位扱いになるし、
適性的にも、"耐える"戦いになる中山では安定しているタイプ。
今回は間隔が空いているので、結局のところ状態次第…ということにはなるが、
やはりしっかりと注目はしておきたい存在。

注ゲンパチフォルツァ
同舞台の1勝クラス戦は、その時期としては高い水準で走れていて、とりあえず
ここへの適性は十分に備えていそう。
2走前は立ち遅れつつ→無理をして押し上げた格好なので仕方なし。前走は7Fで
1つ伸び切れなかったものの粘りは見せていて、戻りつつある…という雰囲気。
叩き3走目となるここで、前進を示す可能性はあっても良さそう。注目したい。

△オメガレインボー
1600~1800mの重賞で控える競馬をして好走中…というところで、いきなりの
距離短縮。ハマるのかどうか…となるが、とりあえず地力では上位。
遡れば、勝ち上がりは7Fのハイペース戦を、同週の1つ上のクラスよりも速い
時計で走っていて、"耐える"素養はあるかも…だし、アイルハヴアナザー産駒も
結構この舞台にはハマる。こなす可能性も一応(頭の片隅で)考えてみたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。