2021年12月12日日曜日

阪神ジュベナイルフィリーズ展望(予想)2021



予想


どれも一長一短といったところで混戦模様だが、裏付けがあるかどうか?で
言えば、それなりに備えている馬が多い。
その中での総合力勝負ということで、いくつかの異なる展開を経験していて、
適性的な幅を示しているタイプを中心に考えてみたい。


◎ベルクレスタ
アルテミスSは、スタートで脚を使って、一旦溜めつつ→上がりをしっかりと
まとめての2着。最後は際どく差されたが、パフォーマンスとしては高い水準の
内容だったし、リズムとしてもここにハマる可能性がありそう。
懸念としては前半でやり過ぎることだが、臨戦過程的には今回1つ控えられると
ピッタリなだけに、そのイメージを大事にして、ここは推し切ってみたい。
鞍上には、外枠から流れを見極めつつ…という競馬を期待。

○サークルオブライフ
アルテミスSは、インでじっくりと進めつつ→直線は徐々に&最後をしっかりと
伸び切る形での勝利。ビュッとはこないが、その上がりをまとめられる能力は
G1でも活きてきそう。
スタートをしっかりと決められるか?というのはあるが、最後は確実に浮上して
くるはず。当然注目しておきたい。

▲ウォーターナビレラ
デビュー2戦は上がりに寄った展開だったが、前走ファンタジーSでは、7Fの
淀みのない展開にもしっかりと対応。地力(の裏付け)を更新してきた。
ビュッとくるイメージではないが、その分長くいい脚を使えそうだし、直長の
コースに替わることも悪くないはず。
合わせ技での評価なので、扱いは3番手までとしたが、可能性は考えたい。

注ナミュール
前走は、途中前が少し離した形で、内容的にはそれにつき合っていない格好。
その点、道中水準の部分では額面上の厳しさを経験した訳ではないが、それでも
(それなりの水準から→)直線で気持ちのいい決め手を発揮。力は認められる。
じっくりと溜めて→真っ直ぐに弾ける能力は、この舞台に対しても当然武器に
なるし、可能性としてはやはり考えておきたい存在。

△パーソナルハイ
前走は、道中を締めつけた逃げから→直線もしっかりと粘り込み。
最後はキッチリ交わされたものの、自身が踏んだ水準はかなり高くなっていて、
その地力は十分に認められる。
今回、大外枠からどのような競馬をするのか?といったところで、やり過ぎに
なるリスクはあるので、評価はここまでだが、残る可能性は考えてみたい。

△スタティスティクス
前走は、前傾の締まった展開の中で、自身も道中をかなり高い水準で進めつつ
→上がりをまとめての勝利。地力を示した。
1戦目は、上がり勝負を後方外から→直線半ばで既に諦めているような内容、
2戦目は、相対的に馬場の悪い所を通った内容と、理由はちゃんとつけられて、
それらは度外視していいだろうし、この人気なら…密かに注目はしてみたい。

△タナザウィング
新馬戦は、道中からかなり脚を使いつつ→上がりをまとめての勝利。
同舞台で言えば、セリフォス→ベルクレスタの新馬戦と近いような水準になって
いて、その地力は十分に認められる。(時期の違いはあるが)
ここでは末をどこまで伸ばせるか?というのはあるが、エピファネイア産駒で、
長い直線になって前進する可能性もあるし、相手には考えてみたい存在。

△ステルナティーア
スローからの→決め手勝負を2戦。性能はもちろん高そうな馬だが、とりあえず
地力の部分での裏付けがない。
もちろん、裏付けがない=地力がない…とはならない訳だが、予想としてそこを
どうやって埋めるか?は、永遠に難しい課題。スケール的にも、もう一つあれば
…という部分もあるし、今回はこの辺りに配置して、観察!としたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。