2022年6月12日日曜日

エプソムカップ展望(ラップ傾向&予想)2022


まとめ
  • 道中がある程度流れつつ、勝負所はしっかりと加速する展開。
  • 切れ&持続力をバランス良く備えていることが必要。
  • 予想◎ダーリントンホール

過去のラップタイム

2021 12.6-11.3-11.4-11.7-11.8-11.4-11.1-11.4-12.4
2020 12.5-11.2-11.6-11.9-11.9-12.1-11.8-11.9-12.8
2019 13.5-12.2-12.7-12.9-12.6-12.3-11.0-10.8-11.1
2018 12.8-11.1-11.5-12.3-11.9-11.9-11.6-11.8-12.5
2017 12.8-11.4-11.9-12.1-11.5-11.7-10.8-11.6-12.1
2016 12.9-11.3-12.1-12.2-12.0-11.8-11.0-11.4-11.5
2015 12.9-11.3-11.4-11.9-11.7-11.6-11.2-11.2-12.2
2014 12.7-11.4-11.8-12.2-12.1-11.8-11.2-11.3-11.7
2013 12.7-10.8-11.6-11.8-12.0-12.1-12.0-11.2-11.5
2012 12.7-11.0-11.6-11.9-12.0-11.9-11.4-11.6-12.6

過去10年の平均ラップタイム
12.81-11.30-11.76-12.09-11.95-11.86-11.31-11.42-12.04
1.46.54



ラップ傾向

(過去記事の転載)

ラップタイムを見ると、前半はミドルペースくらいの流れで、道中は年によって
バラついてはいるが、基本的には淀みのない展開になることが多く、ラスト3Fで
一気に加速して、終いだけ少し落ちる形。

このレースの特徴は、まずは(前半~)道中がある程度流れる…という部分で、
(勝ち負けを意識出来る範囲で追走した場合)レースを通して一定水準以上の
スピード領域に居続ける必要がある。

そして、その流れの中でも(このコースだけに)勝負所ではしっかり加速が入る
ため、適性的には切れと持続力をバランス良く備えていることが重要になる。

したがって、単純に上がりのみの馬はもちろん、シブとく粘り通すだけの馬では
ここでは足りなくて、その手のタイプは上手くいっても2、3着までという考え
方をしておきたい。(可能性があるのはおそらく後者だけだが…)


好走する条件
・切れ&持続力があること



予想


◎ダーリントンホール
元々この舞台では上がり勝負の共同通信杯を勝っている馬で、マイルの締まった
展開でしっかりと好走できている近走の内容を合わせて考えれば、適性的には
ピッタリとハマっても良さそう。
ここ3走はそれまでのレースと比べてパフォーマンスを上げてきていて、状態の
良さもうかがえるし、今回は共に重賞を制した時以来のルメールJとのコンビ。
人馬ともに期待はしておきたい。

○ヤマニンサンパ
前走は、道中は溜める形になったが、前半で引っ張られつつ→長い脚が問われた
中で、最後までしっかり伸び切っての勝利。3走前のレースでは、(結果はあと
1つ浮上しきれていないが)道中をもっと高い水準で進めつつ→上がりをまとめ
られているし、それらの合わせ技で考えれば、ここでも十分できて良さそう。
相手は当然強くなるし、パフォーマンスの更新は必要になるだろうが、ロスなく
進めて→直線で持ち出すような形であれば、面白そうではある。注目したい。

▲ザダル
昨年はここで勝利。その時は道中以降が締まった展開の中で、直線外寄りから
しっかりとした脚を使って抜けた格好。そこで示したパフォーマンスで考えれば
当然の上位扱いになる。
前走に関しては、直線で横に大きく広がった壁の後ろで不完全燃焼に終わった
イメージなので、特に気にする必要はないだろうし、引き続き58kgを背負う点の
厳しさはあるものの、やはり浮上の可能性は考えておきたい存在。

注ジャスティンカフェ
前走は、落ち着いた入り方から→道中以降が締まった展開の中で、直線1枚上の
決め手を発揮しての完勝。そのレースも含めて、この2戦はパフォーマンスを
大きく上げてきている。
適性的には少し切れに寄り過ぎている気もするし、中距離はかなりスローな流れ
だったアルメリア賞の1戦だけの経歴なので、走ってみなければ…という部分も
あるが、状態も含め、やはり有力な存在として扱っておきたい。

△ノースブリッジ
3走前は、飛ばした前に引っ張られる形で、自身も道中を高い水準で進めつつ→
上がりをまとめての勝利。その時のパフォーマンスで考えれば、ここでも上位。
上がりには限界がありそうなタイプなので、流れが落ち着いた場合のリスクは
あるが、トーラスジェミニを行かせつつ、少し離れた番手で徐々にペースアップ
していくような展開を作れれば、程々に後ろに脚を使わせる形から→粘り込む
可能性はあっても良さそう。相手には。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。