2022年6月26日日曜日

宝塚記念展望(予想)2022



予想


まずはパンサラッサがどのような展開を作るのか?
ドバイの内容からは、(飛ばすというよりも)一貫した展開になる可能性も
なくはないか…とも思うのだが、最初の直線が長い阪神2200mというコース
設定で、しかも今年はフルゲート。普通にハナを切るだけでも、やはり前半は
速い流れになりそうな気がする。

宝塚記念としては変則の開催2週目という条件で、馬場的には好位も残る目は
当然ありそうだが、(ある程度流れに乗りつつも)少し控えて、道中~上がり
という脚の使い方で持続力を発揮できるタイプを中心に考えてみたい。


◎アリーヴォ
大阪杯は、極力ロスをしない鞍上のコース取りによる部分も大きかったが、道中
~上がりという脚の使い方で、最後ジワジワと詰める形での浮上。
そのレースも含めて、前半から引っ張られる展開への対応はしっかり示している
馬で、持続力に寄った適性、ある程度長さを感じる馬体的にも、1Fの延長となる
この舞台にはハマっても良さそう。
良質な馬体が目を惹くタイプで、(特に)4歳になってからの充実ぶりは顕著。
最終的にはもう、武豊Jの上半期…ということで、ここは推してみたい。

○ヒシイグアス
香港Cは、後半が締まった展開の中で、大外を回す形から→しっかりと迫って、
タイム差なしの2着。高い持続力を示した。
その時のハイパフォーマンスからすると、大阪杯は少し息が入っていないような
雰囲気で、物足りない部分もあったが、海外帰りの休み明けながら4着は確保。
ここで前進を示す可能性はあってもいいはず。
距離的には今まで経験したことのない領域に踏み入る訳だが、中山記念では、
前に引っ張られつつも長い脚を使えているし、こなす可能性はやはり考えたい。

▲ポタジェ
大阪杯は、引っ張られる展開の中で自身もある程度流れに乗りつつ、イーブンに
近い内容でまとめての勝利。高い持続力を示した。
今回は(距離というより)コース設定が2000mから→2200mに替わる部分で、
展開に対しての位置取り次第では逆境の立場にもなりかねないし、大外枠から
どのような競馬をするのか?というのもあるが、「(前半の速い)宝塚記念的な
展開」だった大阪杯の勝ち馬。やはり上位には扱っておきたい。

注ディープボンド
有馬記念は、引っ張られる展開の中で、(前半少し受け流しつつ)ロスのない
立ち回りを見せて、最後をしっかりと持続させての2着。
その時の内容で考えれば、ここも十分こなせて良さそうに思える。
大きな飛びをして少しゆったりとしている分、絶対的に速いスピードレースに
なった場合に忙しくなるリスクもあるだろうが、展開が厳しくなっての→体力
勝負では、やはり出番が回ってきても良さそう。注目はしたい。

△エフフォーリア
今回も予想されるパンサラッサ→タイトルホルダーという隊列だった有馬記念の
勝ち馬。その時は外を回すことが許されていた状況…という部分で、(走法的な
部分での)適性は少しズレるが、そこの展開をこなせるのならば、本来はやはり
ここでも格好はつけられていいところ。
展開的にはつながって良さそうな大阪杯が存外の結果になったことで、感覚的に
1つ見てから…という評価にはしたが、巻き返す可能性は当然考えておきたい。

△タイトルホルダー
天皇賞は、上手く緩急をつける形からの→早仕掛けで、後ろの脚をしっかりと
消しての圧勝。全体的に踏んだ水準も低くないし、その持久力&持続力は当然
ここでも上位扱いになる。
今回はハッキリと速い競合がいて、ペースをどうコントロールするか?という
部分が難しくなりそうだが、開催2週目という今の変則的な条件ならば、残る
可能性もやはりありそう。相手には。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。