2022年6月17日金曜日

函館スプリントステークス回顧(ラップ分析)2022


まとめ
  • 速い流れから、最後はある程度落ち込む展開。
  • 高い持久力が問われた。

函館スプリントS結果

ナムラクレア1.07.2 34.1 03-03
ジュビリーヘッド1.07.6 34.3 06-06
タイセイアベニール1.07.7 33.5 14-14
レイハリア1.07.7 34.8 02-01
キャプテンドレイク1.07.7 34.0 12-11
キルロード1.07.7 34.6 03-03
ヴェントヴォーチェ1.07.7 34.1 10-09

天候:晴 芝:良
上り4F:45.3 3F:34.4
前半3F:32.8
11.7-10.2-10.9-11.2-11.2-12.0



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半速い流れから、勝負所では一応踏みとどまりつつも
加速はなく→最後はある程度落ち込む形。

今回の特徴は、シンプルに前半が速くなったこと。馬場を考えてもやはり流れた
扱いになるし、適性的には当然、持久力がしっかりと問われた。

脚質的には、抜け出した勝ち馬は別格だとして、それ以降の馬に関しては前後
どちらも…という雰囲気で、厳しい流れと⇔開幕週の馬場という条件の兼ね合い
といった結果になっている。あとは、コーナーが絶対的に速いスピードで流れて
いる点で、ロスなく回した馬が優勢にはなった。

この先に向けては、とにかく今回は勝ち馬に尽きるし、その地力をしっかりと
認めつつ、素直に期待していきたいところ。
他の馬に関しては、特にコース取りの部分で結果が左右された可能性はありそう
だし、次戦以降でそれぞれの上げ下げは考えたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ナムラクレア
好位からの正攻法の競馬で、手応え良く、直線もしっかりと踏ん張っての完勝。
斤量の軽さという要因はもちろんあっただろうが、クラシック好走級の実力を
存分に発揮したイメージだし、一言で、高いパフォーマンスだった。
次はセントウルSという話。持続的な脚使いはできるタイプで、中京への適性も
ありそうだし、そこでも当然有力な存在ということになりそう。
大注目していきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。