2022年12月17日土曜日

ターコイズステークス展望(ラップ傾向&予想)2022


まとめ
  • ミドル~やや速い流れから、一旦溜めつつ→ある程度の加速が入る展開。
  • 切れ&持続力をバランス良く備えている必要がある。
  • 予想◎アブレイズ

過去のラップタイム

2021 12.1-11.2-11.0-11.1-11.4-11.8-11.7-12.5
2020 12.0-11.3-11.2-12.0-11.8-12.1-11.9-12.3
2019 12.4-10.5-11.0-11.5-11.9-11.8-11.1-12.0
2018 12.3-10.8-11.1-11.3-11.5-11.8-11.7-12.2
2017 12.5-11.6-11.8-11.8-11.8-11.7-11.2-11.8
2016 12.4-10.8-11.4-11.8-11.9-11.7-11.9-11.7
2015 12.6-11.2-12.1-12.5-12.7-12.0-11.1-11.5

~OP時代~
2014 12.6-11.3-11.5-11.6-11.7-11.8-11.2-12.0
2013 12.5-10.8-11.2-11.5-11.6-12.0-11.9-12.1
2012 12.2-11.2-11.7-11.7-11.7-11.6-11.5-11.8

過去10年の平均ラップタイム
12.36-11.07-11.40-11.68-11.80-11.83-11.52-11.99
1.33.65



ラップ傾向

(過去記事の一部修正)

ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~やや速いくらいの流れで、道中は
形としては一旦落ち着きつつ、勝負所である程度の加速が入る展開。

ここの特徴は、(本来向こう正面の下り坂によって締まりやすいはずの)道中が
比較的落ち着いたペースで進む…ということで、普段の中山1600mのイメージを
そのまま当てはめて考えると危険。

水準としては"緩む"という程ではないので、一定の持続力はやはり問われるの
だが、適性的には、勝負所の変化に対応するための切れが必要になり、それらを
バランス良く備えたタイプが中心にはなりそう。

そしてそのリズムから、距離短縮組の好走もよく見られて、スピード一貫&粘り
という、マイル(or短距離)に特化したタイプの扱いには注意しておきたい。

※傾向として採用するか?はまだ微妙だが、近年は前半の速い展開が連続して
表れているため、持久力の部分も少し加味して考えておきたい。


好走の条件
・切れ&持続力をバランス良く備えていること



予想


◎アブレイズ
府中牝馬Sは、前半からある程度脚を使いつつ→上がりをまとめての5着。
序盤でソダシに被せていった内容を考えれば、十分に力は示したと言えそう。
中山では元々、フラワーCで重賞を制していて、中山牝馬Sでも2着がある馬。
前者ではハイペースを番手から押し切って、イメージ的には距離短縮につながり
そうな内容だったし、ここにハマる可能性はあって良さそう。
今回は斤量を背負う立場だが、前述・中山牝馬Sでも同じ条件で走れているし、
この人気ならば…ということで、敢えて推し切ってみたい。

○ライティア
府中牝馬Sは、全力逃げの相手に引っ張られて、自身も前半からかなり脚を使い
つつ→上がりをまとめた格好。結果は6着でも差はないし、地力は認められる。
元々はG1級エルフィンSでデアリングタクトの2着している馬で(離されては
いるが)、早い時期から実力は示していたし、ここでも十分に戦えて良さそう。
外寄りの枠に入ったのは気になるが、好走の可能性はしっかり考えておきたい。

▲ママコチャ
2走前は、スピードレースの中で、後半しっかりと上げる形での完勝。
その時のパフォーマンスで考えれば、ここでも十分上位に扱える。
ソダシの全妹だが、フットワークという姉に対して、こちらの方が細かい脚が
利きそうで、クロフネよりもキンカメと言われた方がしっくりとくるイメージ。
その点で中山にもハマる可能性はありそうだし、やはり注目はしておきたい。

注ミスニューヨーク
昨年ここで勝利。展開に恵まれた部分はあるものの、その時のパフォーマンスで
考えれば、やはり上位扱いになる。
近走は、あと1つ馬券には絡めていないが、内容自体は安定しているし、この
舞台ならば自然と浮上してきそうな雰囲気。
今回どのような競馬をするのか分からないが、可能性としては頭まで考えたい。

△フラーズダルム
前走は、道中を高い水準で進めつつ→しっかりとした決め手を発揮しての勝利。
それ以前の経歴の中でも、道中~上がりで高いパフォーマンスを発揮できている
馬だし、(中山は初だが)脚の使い方としてはこの舞台にハマっても良さそう。
今回は最内枠を確保して、ロスなく進めつつ&上手く捌けるようなら、後半の
力でまとめて交わし切る可能性も考えたい。




1 件のコメント:

  1. 結局、何が来るか分からないのが競馬ですよ。

    返信削除

※匿名も選択できる仕様ですが、「名前/URL」を選択の上、記名をお願いします。