2022年12月9日金曜日

チャレンジカップ回顧(ラップ分析)2022


まとめ
  • 前が飛ばした隊列だが、後続も道中では極端に脚を使った内容。
  • 高い持久力(&持続力)が問われた。

チャレンジC結果

ソーヴァリアント1.57.5 35.1 03-04-04-03
ルビーカサブランカ1.57.8 35.2 09-07-07-05
エヒト1.57.8 35.3 06-06-06-05
サンレイポケット1.57.9 35.0 09-10-10-08
エアファンディタ1.58.0 35.3 06-07-07-08
ヒンドゥタイムズ1.58.0 34.5 13-13-13-11

天候:晴 芝:良
上り4F:47.9 3F:36.0
前後半1000m:57.7-59.8
12.6-10.6-11.6-11.6-11.3-11.9-11.9-11.6-12.2-12.2



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半から速く、その後も緩まない展開になり、勝負所で
多少の変化はつきつつも、上がりは掛かった。

もちろん今回は、前が飛ばして作ったラップ。しかし後続も途中からはそこまで
離されないような追走をしていて、道中で極端に脚を使いつつ→上がりは止まり
ながら…という内容。適性的には、高い持久力(&持続力)が問われた。

脚質的には、厳しい展開でやや差し馬に向いて、尚且つ少しでもロスなく進めた
方が優勢になったと思うが、結局のところは地力が反映された印象ではある。

この先に向けては、ごまかしが利かない展開で、地力の裏付けとして十分に機能
していきそうだし、とりあえずはシンプルに上位の活躍に期待しておきたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ソーヴァリアント
前からは離れていたものの、上位の中では最も前のポジションから、勝負所で
堂々と進出しつつ→しっかり押し通しての勝利。
とにかくここでは馬体の厚みが違う…という格上の雰囲気を醸し出していたし、
自身が踏んだ水準も、これまで示していたものから大幅に更新してきた。
今回のパフォーマンスならば、この先は普通にトップレベルに食い込んでいき
そうな気はするし、とにかく無事に…といったところ。
しっかりと注目していきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが、「名前/URL」を選択の上、記名をお願いします。