2022年12月9日金曜日

ステイヤーズステークス回顧(ラップ分析)2022


まとめ
  • 平均的な流れから、後半はロングスパートの展開。
  • 持久力&末脚の持続力が問われた。

ステイヤーズS結果

シルヴァーソニック3.46.3 35.5 07-07-08-06
プリュムドール3.46.4 35.3 09-10-11-10
ディバインフォース3.46.6 35.8 12-10-08-05
アイアンバローズ3.46.8 36.6 02-02-02-02
メロディーレーン3.46.8 36.2 04-04-05-03
エドノフェリーチェ3.46.8 35.2 14-14-14-14

天候:曇 芝:良
上り4F:47.6 3F:36.1
3F毎ラップ:39.0-38.4-38.1-39.1-35.6-36.1
13.1-12.1-13.8-13.0-12.8-12.6-12.3-12.9-12.9-12.8-13.3-13.0-12.3-11.8-11.5-12.0-11.7-12.4



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半はやや落ち着いた流れだったが、道中では途中で
ペースアップした区間もあって、水準としては総じて平均的。そして後半は早い
タイミングでの仕掛けになり、(多少の変化がつきつつ)最後は少し落ちる形。

今回の場合、ペースとしては特別に速くも遅くもない…といったところだが、
とりあえずはこのマラソンレースの平均。持久力は当然必要になった。

それを前提とした上で、上がりの部分に関してはロングスパートの形になって
いて、一定水準以上に"居続ける"という格好に。
適性的には、末脚の持続力が問われた。

脚質的には、ラスト5F~4Fからアクセルを踏み込んだ好位の馬は、さすがに
少し続かず、基本はじっくりと進めた馬が優勢になった。

この先に向けては、展開的に地力はある程度反映されたと言えそうだし、まずは
上位の力を認めつつ、それらの活躍に期待しておきたい。
あとは今回、脚の使い所の問題は少しあったので、好位or外を回した馬が巻き
返す可能性はありそう。それぞれの挙動から、細かい上げ下げは考えたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

シルヴァーソニック
1周目の1コーナーでインをしっかり確保して、その後はじっくり。
後半のペースアップにも慌てず騒がず→直線も内を突いての勝利。
この馬自身も持久力&持続力を発揮しているが、他が動いたり外を回したりして
→自滅した雰囲気もある中で、鞍上が格を見せつけたような競馬だった。
どちらにしても、超長距離での"止まらない"強さは健在。
この先はやはり、来春に向けて…ということになるだろうし、阪神~京都での
雄姿を楽しみに待ちたいところ。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが、「名前/URL」を選択の上、記名をお願いします。