2022年12月18日日曜日

朝日杯フューチュリティステークス展望(予想)2022



予想


予報では、日曜は西から強めの風が吹きそう。阪神は向こう正面がピッタリと
東に向かっており、その条件の中で前走で締めつけたグラニットがいて、他にも
前に行く馬が複数存在する。前半から流れる可能性は高そう。

イメージ的には、やはり地力方向にシフトして考えたいところだし、位置取りの
部分でも、少しでも控えそうな馬を中心に選んでみたい。


◎ダノンタッチダウン
デイリー杯2歳Sは、道中を高い水準で進めつつ→しっかりとした決め手を発揮
しての浮上。後半ジワジワと上げていくような展開で差しづらさがあった中で、
良く浮上したとも言えるし、そのパフォーマンスで考えれば、普通に上位。
大型馬でまだ馬体を持て余している雰囲気なので、完成度の部分でどうか?とも
思うが、指数も1位だし、将来性も買いつつ、ここは素直に推しておきたい。

○ティニア
前走は、前半の速い流れは受け流したものの、まずまずの水準から→しっかりと
した決め手を発揮しての浮上。パフォーマンス的には十分上位に扱える。
今回は距離延長になるが、後半で変化はつけられているし、新馬戦を含めての
安定した性能を考えれば、こなせても良さそうな雰囲気。
スピード寄りの展開がハマり、上位に食い込んでくる可能性は十分にありそう。

▲エンファサイズ
新馬戦は、前半は少し受け流したものの、道中を高い水準で進めつつ→上がりを
しっかりとまとめての勝利。初戦としてはハイレベルなパフォーマンスだったと
言えるし、その内容だけで考えてもここでは十分に上位。
大外枠を引いた点がどうか?というのはあるが、他よりも上積みは見込める扱い
だし、展開に対する位置取りもハマりそう。可能性は考えておきたい。

注ドルチェモア
サウジアラビアRCは、前半~道中を一定の水準で進めつつ→最後を伸び切る
形での勝利。逃げ馬が作った厳しい流れは受け流した格好だが、自身が踏んだ
ラップも低くはなかったし、やはり評価はできる内容だった。
ここでは追走レベルをもう1段上げてくる必要はあるし、その点での他の組との
比較でこの位置にはなったが、前進を見せる可能性は当然考えておきたい。

△バグラダス
前走は、前が引っ張った展開の中で、自身も道中まずまずの水準から→上がりを
しっかりとまとめての勝利。示しているパフォーマンスでは上位に扱える。
今回は再びの距離延長になるが、ハッキリとした決め手勝負になった(自らが
した)新潟2歳Sでも、それなりに対応はできているし、G1で地力が問われる
形になれば、好走する可能性はあっても良さそう。注目はしておきたい存在。

△オールパルフェ
デイリー杯2歳Sは、前半はミドルペースくらいだったが、道中を高い水準で
進めつつ→上がりをしっかりとまとめての勝利。そこで示したパフォーマンスで
考えれば、ここでも普通に上位扱いになる。
後半でどこまで上げられるか?という部分と、位置取りの部分で、評価としては
ここまでに止めるが、粘り込む可能性はやはり考えておきたい。

△レイベリング
新馬戦は、落ち着いた入り方だったが、道中で一応ペースを整えつつ→後半で
しっかりと上げる形での完勝。高い性能を示した。
ある程度展開が厳しくなる想定をした以上、ここでは地力の部分で大幅な前進を
見せる必要があって、その点では未知数だが、位置取り的にもハマる可能性は
ありそうだし、やはり相手にはピックアップしておきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが、「名前/URL」を選択の上、記名をお願いします。