2022年12月2日金曜日

京阪杯@阪神回顧(ラップ分析)2022


まとめ
  • 速い(締まった)流れから、最後もあまり落ちない展開。
  • 持久力&持続力が問われた。

京阪杯結果

トウシンマカオ1.07.2 33.0 05-05
キルロード1.07.4 33.9 02-02
スマートクラージュ1.07.7 33.8 04-04
マリアズハート1.08.0 33.4 10-10
ライトオンキュー1.08.0 33.7 06-05
テイエムスパーダ1.08.0 34.3 03-03

天候:晴 芝:良
上り4F:44.6 3F:33.9
前半3F:33.3
12.2-10.4-10.7-11.2-11.2-11.5



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、なかなか落ち着かない…という格好で前半が速い流れに
なって、勝負所で踏み止まりつつ→最後もあまりスピードが落ちない形。

今回の場合、1歩目はそこまでではなかったが、ビアンフェが外枠から遅れて
ハナを取りに行ったことで、(馬場を考えても)展開がかなり引き締まった。
後半も長い脚を使う形になっていて、適性的には、持久力&持続力が問われた。

脚質的には、基本はある程度流れに乗った馬…といったところだが、それ以上に
コース替わり&(絶対的に)速いスピード水準に居続ける…という展開の中で、
ロスなく回ってきた馬がハッキリと優勢になった。

その点でこの先に向けては、上位の力(特に持続力)は認めつつ、外差しの形に
なった馬の巻き返しにも注目はしておきたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

トウシンマカオ
好発から→徐々に下げてじっくりと進めつつ、直線では最後までしっかりと伸び
切っての快勝。受け流すべきところを受け流した格好だが、その持続力は当然
認められるし、パフォーマンスを大きく更新してきた。
前半からもっと脚を使った場合にどうか?というのは現状あるが、今回のような
内容は来春の中京につながっても良さそうだし、面白い存在になった印象。
まだ3歳。この先の期待はやはり大きくなる。注目していきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが、「名前/URL」を選択の上、記名をお願いします。