2022年12月11日日曜日

阪神ジュベナイルフィリーズ展望(予想)2022



予想


◎ラヴェル
アルテミスSは、前半は落ち着いた入り方だったが、道中まずまずの水準から
→しっかりとした決め手を発揮しての勝利。その時のパフォーマンスで考えれば
ここでもやはり上位に扱える。
現時点ではスタートの問題はあるし、地力面でも1段上げてくる必要はあるが、
スケール感のあるタイプだし、ここで前進を見せる可能性はありそう。
妙味のある馬もいて選択は少し迷ったが、結局は初志貫徹。期待しておきたい。

○リバティアイランド
アルテミスSは、直線で一旦切り返すロスがありつつも→そこからしっかりと
脚を伸ばして、ゴール後は先頭まで…という内容。元々の決め手に加えて地力の
部分でも更新してきた。
もう少し流れるここではさらなる前進を示す必要はあるが、その可能性も十分に
感じさせるし、当然注目はしておきたい存在。

▲ムーンプローブ
前走は、後半長い脚を使う展開の中で、道中~上がりで高いパフォーマンスを
発揮しての勝利。前々走では、前半からもっと脚を使いつつ→上がりで変化を
つける形で勝利していて、それらの合わせ技で、ここでも普通に上位に扱える。
決め手の部分でもう1つ上げ切れるか?というのは現状あるが、このレースでは
体力勝負に振れることも十分に考えられるし、可能性は考えておきたい。

注ドゥーラ
札幌2歳Sは、後半長い脚を使う展開の中で、自身も道中まずまず高い水準から
→上がりをまとめての勝利。一定以上の切れを示した未勝利の内容と合わせて、
ここでもやはり上位に扱える。
本州の競馬は初となり、まずは馬場への対応…というところからなので、評価
としてはここまでだが、地力勝負になった場合の一発は考えておきたい。

△ウンブライル
前走は、ペース自体はそこまで速かった訳ではないが、縦長の隊列の中で、後半
徐々に詰めつつ→直線しっかりと上げる形での完勝。7F戦ながらも、脚の使い方
としては、ここには十分つながって良さそう。
実際にマイル(のリズム)で走ってどうか?というのはあるが、スピード水準の
部分では本番のペースにハマる可能性があるし、やはり相手には。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが、「名前/URL」を選択の上、記名をお願いします。