2022年12月28日水曜日

ホープフルステークス展望(予想)2022



予想


数字的な裏付けのある馬が多く、メンバーは結構そろっている印象。
道中水準の部分を厳しく問うことで、これでも絞ったのだが、本音を言えば
あと4~5頭ピックアップしたい…。

◎ミッキーカプチーノ
同舞台の前走は、ロスなく回した格好ではあるが、前半からある程度脚を使い
つつ、道中を高い水準で進めて、そこから上がりも長い脚を使っての完勝。
位置取りは中団に控えていたものの、レースを通してバランス良く力を使って
いて、その持久力&持続力は十分に認められる。
フルゲートの大外枠を引いた点は微妙だが、新馬戦の決め手と合わせてやはり
最有力…という結論に至った。素直に推しておきたい。

○ガストリック
東スポ杯は、じっくり&ロスなく進めた格好だが、展開に引っ張られつつ道中を
かなり高い水準で進めて→上がりをしっかりとまとめての勝利。
そこで示したパフォーマンスで考えればここでも普通に上位に扱えるし、力感の
ある走りからも、中山でパワーが問われても十分にこなせそう。
枠もちょうどいいところに入ったし、やはり注目しておきたい存在ではある。

▲ヴェルテンベルク
京都2歳Sは、控えたポジションから、道中はジワジワと詰める動きをして高い
水準で進めた格好。そこから勝負所で大きな不利を受けながらも、直線は最後
までしっかり脚を伸ばしての3着。持久力&持続力を示した。
鋭さのあるイメージではないので、勝ち切るところまで行けるか?は微妙かも
知れないが、浮上の可能性はしっかりと考えておきたい。

注トップナイフ
京都2歳Sは、少し控えたポジションから、道中を高い水準で進めつつ→直線は
最後までしっかり伸び切る形で詰めての2着。勝負所では不利もあったし、その
持久力&持続力は認められる。
前々走では後半でもう少ししっかり上げる内容で走れていて、ここの展開でも
十分に力は出せて良さそうだし、上位に食い込む可能性は考えておきたい。

△セレンディピティ
前走は、展開としては一旦溜めが入る形になったものの、自身は後方から詰める
動きをして道中を高い水準で進めた格好で、そこから後半でしっかりと上げての
完勝。持久力&性能を十分に示した。
他の馬も強い内容を示しているため、評価はここまでだが、注目はしたい。

△ハーツコンチェルト
東スポ杯は、後方からになって、速い前半は受け流した格好だが、道中を高い
水準で進めつつ→上がりをしっかりまとめての浮上。実力は十分上位に扱える。
まだ少し緩さを感じるタイプだし、中山のG1でどこまで?というのはあるが、
浮上の可能性はやはり考えておきたい。

△セブンマジシャン
前走は、前半はかなりゆったりと入ったが、道中をある程度高い水準で進めつつ
→上がりをしっかりとまとめての勝利。エリザベス女王杯当日に外から…という
内容なので、少しバイアスが掛かっていたとは思うが、パフォーマンス的には
ここに入っても上位に扱える。相手にはやはり考えておきたい。

△ドゥラエレーデ
東スポ杯は、先頭での併せ馬状態で展開を引っ張って、厳しいラップを踏みつつ
→しっかり粘り込んでの4着。負けはしたものの、控えた馬たちが最後は浮上
した中で、高い地力を示した。
ここで前から押し通すのは少し難しさはありそうだが、残る可能性は考えたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが、「名前/URL」を選択の上、記名をお願いします。