2023年1月4日水曜日

阪神カップ回顧(ラップ分析)2022


まとめ
  • 前半速く、後半は落ち込む展開。
  • 高い持久力が問われた。

阪神C結果

ダイアトニック1.20.2 35.2 05-04
グレナディアガーズ1.20.2 35.0 08-07
ラウダシオン1.20.3 34.5 16-15
バスラットレオン1.20.4 35.5 03-04
ダイメイフジ1.20.4 34.8 13-13
ルチェカリーナ1.20.4 34.9 14-11
ミッキーブリランテ1.20.4 35.1 10-09
トゥラヴェスーラ1.20.4 34.8 14-15

天候:晴 芝:良
上り4F:46.8 3F:35.5
前半3F:33.4
12.1-10.5-10.8-11.3-11.4-12.0-12.1



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半がかなり速くなり、多少踏みとどまる場面があり
つつも、上がりは大きく落ち込む展開。

今回の特徴は、やはり前半の速さ。後方から浮上した馬でやっと前後半イーブン
くらい…というバランスになっていて、当然それよりも前の馬は"続ける"という
よりも"耐える"という戦いになった。適性的には、高い持久力が問われた。

脚質的には、好位から残っている馬もいるが、前半を10秒台のラップで走った
負荷はやはり高かったはずだし、前からの馬にはさすがに厳しくなり、少しでも
受け流した馬が優勢になった。

この先に向けては、今回は多くの馬が前傾の内容で走っていて、ごまかしは利か
なかった雰囲気だし、まずは上位の地力を信頼としておきたい。
あとは位置取りなどで細かい上げ下げを考えて…といったところ。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ダイアトニック
スタートが微妙だったこともあって、前半は少し受け流しているが、道中以降は
積極的な競馬から→直線も最後をしっかり踏ん張っての勝利。
改めて地力を示しつつ、素晴らしい阪神1400mの3冠となった。
(3冠のうちの)前2走に関してはイーブンに近いバランスだったが、今回は
ハッキリとした前傾。その点でも価値を高めた雰囲気ではある。
この手の馬が現れるたびに、1400mのG1が1つあれば…とはなる。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが、「名前/URL」を選択の上、記名をお願いします。