2023年1月14日土曜日

フェアリーステークス回顧(ラップ分析)2023


まとめ
  • 速く&締まった展開になり、上がりは掛かった。
  • 持久力&持続力が問われた。

フェアリーS結果

キタウイング1.34.3 34.9 15-15-09
メイクアスナッチ1.34.3 35.3 13-10-09
スピードオブライト1.34.6 36.2 01-02-02
ブラウンウェーブ1.34.6 35.4 13-12-12
リックスター1.34.7 36.1 07-04-05
アンタノバラード1.34.7 35.8 07-07-06

天候:晴 芝:良
上り4F:48.0 3F:36.1
前半4F:46.3
12.1-10.8-11.6-11.8-11.9-12.0-11.8-12.3



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半から速く、道中も締まった展開になって、後半は
多少の変化こそついているものの、上がりの掛かった形。

今回の特徴は、やはり前半~道中の速さ。
厳しい展開の中で持久力&持続力がしっかりと問われて、脚質的にもさすがに
差し馬が優勢になった。

キタウイングは、スタートで後手を踏み、前半はじっくりしたものの、内を掬う
形で、道中~上がりでかなり長い脚を使っての勝利。地力を更新した扱いだし、
(前走の内容を考えれば)やはり後半の力を活かしてこそ…という印象になる。

スピードオブライトは、途中からハナは譲った格好だが、厳しい展開の中で、
番手から→しっかりと粘り込んだ3着。高い地力を示した。
内容的につながるのは短縮方向かも知れないが、楽しみな存在にはなりそう。



0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが、「名前/URL」を選択の上、記名をお願いします。