2023年1月14日土曜日

京都金杯@中京回顧(ラップ分析)2023


まとめ
  • (前半~)道中が締まった展開。
  • 持久力&持続力が問われた。

京都金杯結果

イルーシヴパンサー1.32.7 34.4 09-09-07
エアロロノア1.32.8 34.7 08-06-05
プレサージュリフト1.32.9 35.0 04-03-03
ピースワンパラディ1.33.0 34.7 05-08-07
カイザーミノル1.33.0 34.5 09-09-10
オニャンコポン1.33.0 34.5 13-12-10
タイムトゥヘヴン1.33.0 34.2 14-14-13

天候:晴 芝:良
上り4F:46.7 3F:35.1
前半4F:46.0
12.4-11.2-11.1-11.3-11.6-11.4-11.8-11.9



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半まずまずの入り方をしつつ、道中も締まった展開に
なり、(多少の変化はついたが)上がりの掛かった形。

今回の特徴は、やはり(特に)道中が速くなったこと。
追走部分でのごまかしが利かず、差し浮上した馬でも道中でかなり脚を使いつつ
→上がりは止まりながら。持久力&持続力がしっかりと問われた。

脚質的には、高い水準に居続ける…という点で、前の馬にも一応厳しかったが、
それ以上にラップの中での(前半<)道中の比重の大きさから、後方の馬には
押し上げづらさがあった印象。程々に流れに乗りつつ&ロスなく進めた格好の
馬が有利になった。

イルーシヴパンサーは、ロスなく進めた好騎乗だが、道中を高い水準で進めつつ
→上がりをしっかりとまとめての勝利。地力は十分に示したし、やはりある程度
引っ張られてこそ…というところがありそう。その点では次戦以降でも、適鞍を
見極めつつ、注目していきたい。

プレサージュリフトは、積極的な位置取りから、これまでとは全く違う水準で
前半を進めつつの→粘り込み。地力を更新したと言えそうだし、(気は早いが)
5月に向けても順調な再スタートを切った印象。しっかり注目しておきたい。

カイザーミノルは、他の上位が内寄りから浮上した中で、外からしっかり詰める
形での浮上。内容的には当然評価して良さそうだし、次戦以降での前進にも十分
期待が持てそう。



0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが、「名前/URL」を選択の上、記名をお願いします。