2023年1月21日土曜日

京成杯回顧(ラップ分析)2023


まとめ
  • ゆったり入って、道中から徐々に→上がりでもう1段加速する展開。
  • 一定の持久力&切れ&持続力が問われた。

京成杯結果

ソールオリエンス2.02.2 34.5 05-05-05-05
オメガリッチマン2.02.6 35.0 05-05-05-05
セブンマジシャン2.02.8 34.9 05-07-07-07
サヴォーナ2.02.9 35.0 08-07-07-07
シルヴァーデューク2.03.0 35.6 04-03-03-03
シャンパンカラー2.03.0 35.8 02-02-02-02

天候:曇 芝:良
上り4F:47.6 3F:35.4
前後半1000m:62.2-60.0
12.9-11.6-13.1-12.0-12.6-12.4-12.2-12.2-11.7-11.5



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半はゆったりした入り方をしたが、道中はまずまずの
水準で流れて、勝負所で少し緩急がつきつつ→最後まで全く落ちない形。

今回の場合、前後半で言えば2秒以上の後傾で、分類としてはスローにはなる
だろうが、後続も含めて道中以降ではそれなりのラップを踏んでいた扱い。
やはり一定の持久力は問われた。

それを前提として、後半は(ラスト3Fの部分では後続は詰めているので)長い
脚を使う中で変化をつける…というレースになり、適性的には、切れ&持続力を
バランス良く備えていることが重要になった。

単なる上がり勝負というより、地力&性能が程よく反映されたイメージの中で、
ソールオリエンスは後半でしっかり上げつつ、4コーナーで膨らむような格好に
なりながらも→最後まで全く落とさずに突き抜け。シンプルに強い内容と言え
そうだし、クラシックへのつながりも十分に考えられる。当然注目したい。



0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが、「名前/URL」を選択の上、記名をお願いします。