2023年1月22日日曜日

東海ステークス展望(ラップ傾向&予想)2023


まとめ
  • ミドルペースから、道中が締まって→上がりは緩急のつく展開。
  • 持久力&持続力(&切れ)が問われる。
  • 予想◎ハギノアレグリアス

過去のラップタイム

2022 12.7-11.3-12.2-12.2-12.6-12.8-12.5-12.5-12.9
2021 12.7-10.9-11.8-12.2-11.7-12.1-12.7-12.2-12.9
2020 12.3-11.7-12.9-12.4-12.4-12.3-12.0-11.9-12.3 京都開催
2019 13.0-11.2-12.7-12.3-12.3-12.4-12.4-11.6-11.9
2018 12.7-11.1-12.9-12.8-12.0-12.2-12.7-12.4-13.0
2017 13.0-11.5-13.6-13.1-12.5-12.4-12.4-12.0-12.7
2016 12.9-11.7-13.2-12.8-12.3-12.2-12.6-11.7-12.5
2015 12.9-11.0-12.8-12.2-12.3-12.2-12.3-12.0-13.2
2014 12.6-11.2-12.4-12.1-12.1-12.1-12.7-12.2-13.0
2013 12.6-11.0-12.4-12.2-12.2-12.4-13.0-12.5-12.7

過去10年の平均ラップタイム(2020年は除く)
12.79-11.21-12.67-12.43-12.22-12.31-12.59-12.12-12.76
1.51.10



ラップ傾向

(過去記事の一部修正)

ラップタイムを見ると、前半ミドルペースから、道中はかなり締まった展開に
なり、4コーナーで一旦溜めつつ→~直線で加速して、最後は一応しっかりと
落ち込む形。

ここの特徴は、やはり道中の厳しさで、当然高い水準の持久力が問われることに
なり、その点でまずはシンプルに淘汰される印象。

また勝負所では、キツい4コーナーによって一旦減速しやすい構造になっている
ことから、単純に道中~上がりで持続すればいい…という訳ではなく、再加速の
ために、上り坂の区間である程度しっかりと脚を使う必要がある。
一定以上の切れを併せ持っていれば、なお安心といったところ。


好走の条件
・持久力&持続力(&切れ)を備えていること



予想


◎ハギノアレグリアス
みやこSは、道中を高い水準で進めつつ→上がりをしっかりとまとめた内容。
(結果的に)仕掛けをワンテンポ遅らせたことが奏功した部分もあるかも知れ
ないが、差し馬が浮上したレースで、上位の中では最も前から進めていた格好
だし、その地力はやはり認められる。
中京では2戦2勝で、特に白川郷Sのパフォーマンスならば申し分ない。
ここは素直に期待しておきたい。

○ロードレガリス
エルムSは、内先行が優勢になった中で、後方外からしっかりとした決め手を
発揮しての浮上。高い性能を示した。
中京では、道中からもっと脚を使う形での勝利もあり、地力の部分でも問題は
ないし、久々でも好走してくる可能性は十分にありそう。注目しておきたい。

▲スマッシングハーツ
チャンピオンズCは、緩急のついた展開の中で他も止まらず、なだれ込むだけに
終わったが、重賞でもしっかり浮上できている馬だし、アルデバランSなどでは
道中からもっと脚を使う形でも走れている。
ここでもう少し締まった展開になれば、前進する可能性もあるはず。注目。

注サンライズウルス
前走は、ロスなく→捌いた内容だったが、道中を高い水準で進めつつ→最後も
しっかり踏ん張っての差し切り。太秦Sの内容と合わせて、後半部分では十分に
力を示しており、ここでも上位に扱える。
経歴的にも(基本)安定感があるし、相手にはしっかり考えておきたい存在。

△オーヴェルニュ
一昨年はここで勝利。昨年は2着。年齢を重ねて以前のパフォーマンスとは少し
違ってきている部分もあるが、中京ではとにかく格を上げてくるタイプだし、
シリウスSの内容からはまだまだ戦えて良さそう。
団野Jとも手が合っている雰囲気だし、粘り込む可能性は考えておきたい。

△プロミストウォリア
前走は、道中を高い水準で進めつつ、上がりもしっかりと踏ん張っての圧勝。
前半からもっと脚を使う形だった前々走の内容と合わせて、ここでも上位扱い。
後半部分でもう少し上げられるか?というのは現状あるが、馬体のイメージも
いいし、ここで更新してくる可能性は考えておきたい。

△ディクテオン
前走は、コーナーでぶん回すような格好から→直線しっかりとした決め手を発揮
しつつ、激しい競り合いを制しての勝利。そのレースも含めて、(9Fに距離換算
しての)道中~上がりのパフォーマンスは相当に高く、ここでも普通に上位。
実際にスピードに乗り切れるか?というのはあるが、注目はしてみたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが、「名前/URL」を選択の上、記名をお願いします。