2023年1月4日水曜日

ホープフルステークス回顧(ラップ分析)2022


まとめ
  • 道中が緩んで→勝負所では大きく加速する展開。
  • 切れが問われた。

ホープフルS結果

ドゥラエレーデ2.01.5 35.0 02-02-02-02
トップナイフ2.01.5 35.0 01-01-01-01
キングズレイン2.01.7 34.3 14-14-11-11
ファントムシーフ2.01.7 34.6 07-07-07-06
ミッキーカプチーノ2.01.8 35.1 03-03-03-03

天候:晴 芝:良
上り4F:47.5 3F:35.0
前後半1000m:61.5-60.0
12.6-11.3-12.2-12.7-12.7-12.5-12.5-11.9-11.2-11.9



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半はまずまずの入り方をしたが、道中はしっかりと
落ち着いた展開で、そこから勝負所で大きく加速する形。

今回の特徴は、やはり道中の遅さ。
G1格上げ前にはこの手の展開もあったが、格上げ後に限定すれば(道中は)
2~3枚くらい低い水準になっていて、シンプルに"切れ"というレースだった。

脚質的には、性能を示した差し馬が最後に迫った構図だが、この展開なので…
さすが基本は前ということで良さそう。

この先に向けては、今回はやはり適性面での裏付け…という扱いにしたいが、
上位2頭も他で地力を示している馬たち。今回の展開が緩かったから…という
理由だけで下げるのは控えつつ、あくまで総合的に判断していきたいところ。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

キングズレイン
中団の後ろから進めて、4コーナーでは超大外を回る格好になりつつも→最後
までしっかりと脚を伸ばしての3着。
前走の内容と比較しても、前走の方が道中で厳しいラップを踏んでいるくらい
なので、地力更新という扱いにはならないが、厳しい状況から上位に食い込んで
来た格好。やはりその性能は認めておきたい。
この先はもっと引っ張られる展開への対応をまずは確認したいが、それ次第では
大きく飛躍する可能性もあって良さそう。じっくりと見極めたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが、「名前/URL」を選択の上、記名をお願いします。