2009年5月3日日曜日

天皇賞春展望 2009


予想
テイエムプリキュアの参戦でホクトスルタンとの位置関係が微妙だが
まずはスローな展開は考えづらい。
そうなると(追いかけることはないだろうが)前半で少しでもつられそうな
先行馬には厳しく、基本的には差し馬の方が有利となりそう。
また道中がある程度速く流れれば、当然持久力という要素がより重要に
なってきて、結局は地力の高い馬が押し出される格好になる。
今回は展開次第では混戦模様のレースに「格」をもたらす使者として、
テイエムプリキュアが送り込まれたと思い込んでの予想。

◎ドリームジャーニー
アサクサキングスを差せる馬を考えたらこの馬しか思い当たらなかった。
まず持久力に関しては、菊花賞で3~4コーナーをもの凄い速さで捲って
いることから3000mを走っても十分に余力を残せるだけのものを持っていると
考えられる。
その当時はそこからが伸びなかったが、中距離的な経験を積んだ今なら
もっと持続する脚を使えるはず。

○アサクサキングス
馬体や走法的には一見中距離馬だと思うのだが、筋持久力に乏しく基本的には
(心肺機能的な)持久力で走る馬。
それ故に中距離の道中が速いレースでは脚が耐えられず、その代わり距離が
伸びても何の問題もないし、むしろ道中がゆったりと流れる長距離の方が向く。
したがって力関係を考えてもこの舞台で大崩れはまず考えられないが、上記
したように筋持久力が弱く、仕掛けてからそれほど長くは持続できない。
過去のレースからも確実に落ちているラスト1Fで何か他の馬に差される可能性は
充実している今でも十分に考えられる。

▲アルナスライン
力は一応信用しているが持久力という点においてはアサクサキングスを
逆転できるようにはあまり思えない。
それでも広くて3コーナーの下り坂が加速を助けてくれるこのコースに
替わるのはプラス材料である程度好走してくるのは間違いない。

注スクリーンヒーロー
まず前走は完全に上がり不問の耐久レースになったことで、休み明けで元々
上がりのスピード勝負の方が得意なこの馬には厳しい条件だった。
それでも持久力はやはり問題だろうが、ラストの持続力は相当なものがあり
このコースにはかなり合っていると考えられる。
中団以降に控えるような競馬をしたらかなり面白いと思うのだが…。

△ジャガーメイル
上がりの性能ではここでは屈指の存在だが、過去のラップ&走法を見ても
持久力では上の馬には少し劣るように感じてしまう。

△マイネルキッツ
距離経験はないが持久力&持続力ではここでもある程度やれるくらいの
ものを持っている。
それでもあと1つ決め手が足りず、勝ち負けまでは厳しいだろうが…。

△モンテクリスエス
長距離重賞を制してはいるが個人的には持久力に疑問を持っている。
前が総崩れというような展開の助けが必要。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事