2009年5月11日月曜日

京都新聞杯回顧 2009


レース総括
■道中は緩く、上がりはロングスパートの形
■何よりも持続力が必要な流れ


京都新聞杯結果
ベストメンバー2.13.034.405-03-04-04
デルフォイ2.13.134.207-08-07-07
ロードロックスター2.13.334.901-01-01-01
メイショウドンタク2.14.035.503-03-03-03
リクエストソング2.14.135.109-08-09-08

天候:晴 芝:良
上り4F:46.4 3F:34.6
前半1000m:61.0
12.6-11.2-12.3-12.5-12.4-13.0-12.6-11.8-11.3-11.5-11.8




レース詳細
ラップタイムを見れば前半~道中は過去の平均ラップを踏襲しているような
流れとなっているが、馬場を考えればそれよりも多少緩む展開だったと思われ、
ラストはロングパートの上がり勝負になった。

この流れでは当然のように末の持続力が物を言うことになり、抜け出した
上位3頭は(それぞれ特徴は違うものの)その点では優れたものを発揮した形。

また上位3頭と4着以下の馬との間には持久力の面で着差通り大きな開きが
あって、少なくともこれくらいかそれ以上の距離での逆転は難しいと感じて
しまうような内容だった。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ベストメンバー
若葉S、皐月賞と道中が厳しい流れを経験してある程度結果を残してきたの
だから能力的にこの結果は妥当。
鞍上の正攻法で強気な騎乗も光っていたが、上がりの脚はかなり更新しており
この点はダービーに向けて好材料で、ある程度の好走は期待しても良さそう。

デルフォイ
ここよりも明らかに厳しい流れだった前走を押し切っているのだから
この流れならずいぶん楽だったはず。
ここ2戦でパフォーマンスの更新も著しくてかなりの充実ぶりを感じ取れるが、
道中もしっかり控えることが出来たし、上位3頭では最も楽な競馬だったので
そこを最後差せなかったのには少しだけ不安が残るというのが正直なところ。

ロードロックスター
道中は楽をした場面もあったが、他の馬よりも前半で少し脚を使っているために
ラストがこれだけのロングスパートになっては分が悪く、むしろそれを僅差の
3着まで残ったのだから評価できる内容。
当然巻き返しは十分期待できるし、成長して馬がもう少ししっかりしてくれば
もっと大きい舞台でも戦える。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事