2009年5月21日木曜日

ヴィクトリアマイル回顧 2009


レース総括
■前半が速く一定の持久力が試される展開
■ラストは切れ&持続力勝負


ヴィクトリアマイル結果
ウオッカ1.32.433.405-04
ブラボーデイジー1.33.634.604-04
ショウナンラノビア1.33.835.201-01
ザレマ1.33.834.210-11
ジョリーダンス1.33.834.310-10

天候:曇 芝:良
上り4F:45.7 3F:33.8
前半4F:46.7
12.2-10.8-11.7-12.0-11.9-11.2-10.8-11.8




レース詳細
ラップタイムを見れば一見道中が緩んでの完全な上がり勝負のようにも
思えるのだが、さすがに今回はウオッカの力が抜けていたことが大きいので、
逃げて3着まで粘ったショウナンラノビアを基準にすればおそらく前後半が
ほぼイーブンな流れだったことが分かる。

そして前半が例年と比べても速くなったことを考えれば一定の持久力が
必要な流れだったと言えて、その後道中で流れが一旦落ち着いてから
上がりの切れ&持続力勝負となった。

つまり基本的には地力の高い馬でなければ上位に残るのは難しいレース
だったのだが、勝ったウオッカにとってはそれを受けて立っても持ち味の
究極的な切れを発揮できる程度の"楽な"展開だったということだろう。

さすがにこのレースを見て他の馬の(ウオッカに対する)巻き返しは期待
しづらいのでこの先の展望は難しいが、とりあえずウオッカの安田記念だけは
今から本当に楽しみ。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ウオッカ
さすがにこのメンバー相手で体調面も大丈夫ならこのくらいの力の差は
あるのだろう。
それでも道中の流れが一旦落ち着いているので、そこが緩まない流れでも
究極的な切れ味を発揮できるというのがこの馬の本当の強さであって、
個人的にはまだまだ満足できない。
道中が締まった展開になりやすい安田記念で是非ともベストパフォーマンスを
期待したい。

ブラボーデイジー
レースの最初から最後まで一定のスピードで走り切る持続力が売りの馬だが、
マイルである程度それが出来たのは大きい。
しかも上がりは確実に更新しているくらいだから、もしかしたらマイルの方が
合っているのかもしれない。
どちらにしてももう1戦見てからといったところだが、基本的には中山や
ローカルの流れの方が合うので、出来ればそちらで狙いたい1頭。

ショウナンラノビア
前半の速さは前走と同じレベルだが、道中で多少楽が出来た分ラストの脚を
残すことが出来た。
今回のように逃げて緩めて突き放す(ウオッカ以外)競馬に、前走のような
前半飛ばして道中も緩ませずに地力で押し切る競馬、そして前々走のような
切れ味勝負もこなしていてその自在性はかなり魅力的でこの先も楽しみな存在。
それでも上がりそのものには多少限界があるので、基本は中山などの小回りの
方が合うとは思うが…。

ザレマ
道中は意識的に下げているようにも見えたし、前走で溜めて終いの良い脚を
引き出すことに成功しているので鞍上の判断はさすがと言ったところだが、
結果的に2、3着には好位の馬が残っている展開なので少し位置取りが
後ろ過ぎた感は否めない。
それでもこの馬の実力を考えたら妥当な結果だし、やはりこの馬の場合は
瞬間的な切れ味勝負よりももっと地力の問われる戦いの方が合っているので
適鞍での巻き返しに期待したいところ。

ジョリーダンス
前走で控えて切れに切れたためにそのイメージで中団から進めた感じでは
あったが、今回に限って言えばそれが完全な裏目となってしまい、勝負所で
切れ負けした格好。
元々地力の高い馬だけに先行策で持ち味の持続力を活かすような競馬を
していれば…と思ってしまうが。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事