2009年5月31日日曜日

日本ダービー展望 2009


予想
皐月賞で厳しい流れを先行して負けた馬の巻き返しや、速い上がりを
使える別路線組の台頭などを考えてみたがどれもピンとはこない。
そうなれば自然と皐月賞の上位が浮上してきそうだが、基本的には
末脚の持続力が高い馬という条件を重視して予想したい。

◎アンライバルド
前走までは持久力の面で不安視していたのだが、それも全く関係なく
克服してしまってはここで不安材料を挙げる方が難しい。
負けるとしたら完全な直線のみの勝負となった場合くらいだと思うが、
それも鞍上がある程度積極的な競馬をすれば大丈夫なはず。

○トライアンフマーチ
前走は前半でかなり控えたことで展開が嵌った感はあるが、それでもラストは
かなり長い脚を使っていて持続力を持っていることは示した形。
タイプ的には距離が伸びた方がいいくらいで、今のところ何故か人気は低いが
ある程度信頼しても良さそう。
出来れば鞍上にはある程度積極的な競馬を期待したい。

▲セイウンワンダー
距離が伸びることがプラスに働くようには思えないが、それでも前走の内容は
評価しない訳にはいかない。
それでも持続力という点ではここに挙げた馬の中では少し不安がある方で、
結局前走の上位2頭を逆転するのは難しいと思うが…。

注ブレイクランアウト
持久力という点ではまだまだ未知数だが、上がりの性能(特に持続力)に
関してはこのメンバーでは屈指の存在であることは間違いない。
ほとんどレースに参加してないに等しい前走は度外視していいだろうし、
距離さえ克服できれば好走出来て当然の存在。

△アイアンルック
この馬に関しても前走は度外視していいだろうし、上がりの性能だけなら
ここでは上の存在。
ただし馬体を見ても少しだけ距離が長そうに感じるし、本当に厳しい流れを
経験してない現状ではこの舞台でこれ以上の評価は難しい。

△ジョーカプチーノ
前走は確かに強かったし、その内容を検証しても同じパフォーマンスを
ダービーでも発揮できるなら勝ち負けしてもいいくらいのもの。
しかし上がりの性能自体には限界もあるし、馬体を見てもやはり距離は微妙。
ここか?という疑問がどうしても拭い去れない。





0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事