2011年2月12日土曜日

クイーンC展望 2011


過去のラップタイムは以下の通り。

2010 12.4-11.0-11.6-12.1-12.1-11.7-11.4-12.1
2009 12.6-11.1-12.2-12.5-12.4-11.4-11.5-12.0
2008 12.6-11.0-11.7-12.3-12.6-11.4-11.7-12.2
2007 12.5-11.0-11.6-12.0-12.3-11.4-12.0-11.7
2006 12.5-11.3-12.2-12.5-12.4-11.5-11.5-11.7
2005 12.8-11.5-11.8-12.1-12.7-12.3-12.2-12.7
2004 12.6-10.5-11.0-11.8-12.1-11.9-12.4-12.0

過去7年のラップタイム
12.57-11.06-11.73-12.19-12.37-11.66-11.81-12.06
1.35.44




傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~やや速いくらいで流れ、道中で
一旦緩んでから、ラスト3Fで一気に加速して、最後まである程度のスピードを
維持する形。

ここの特徴はこの時期の牝馬戦としては案外前半が速く流れていて、そうなれば
(後半部分で)一定以上の持久力が問われることになる。

またもう1つの特徴としては、改修後のこのコースらしく仕掛けが早くなって
いることで、もちろん加速についていける切れは必要だが、好走するためには
それ以上に終いの部分で長い脚を使えることが重要になる。


好走する条件
・一定の持久力
・勝負所での切れ&末脚の持続力


予想

◎ダンスファンタジア
前走の内容を考えたら地力は圧倒的で、気性面だけでなく適性的にも、切れ味
勝負よりも粘り勝負の形の方がいいのでは…と思わせるパフォーマンスだった。
当然ここも、最初の長い直線で少しでも引っ張られる形になれば、勝負所では
自然と浮上してきそうな雰囲気。

○マイネイサベル
前半で引っ張られるとパフォーマンスが落ちるので、ここでは何も考えずに好位
差しくらいのポジションにつけた場合、最後伸び切れないという不安はある。
それでも道中からの持続力&決め手という部分はしっかり見せている馬だし、
今回少しでも控える競馬に切り換えてくるようなら、最後に1頭違う脚で突っ
込んでくる可能性は十分ありそう。

▲マイネイディール
前走は相当に厳しい展開を、道中でもしっかり攻めた内容だったので、そこを
6着というのはむしろ評価してもいいくらいで、その時の勝ち馬はともかく、
他の馬にとっては簡単に下に見ていい存在ではないはず。
速い上がりというのは期待しづらい馬なので、切れ負けの不安はあるものの、
積極的な騎乗であれば好走の可能性は十分。

注ホエールキャプチャ
最後伸び切れるという部分と、前走で見せた溜め→切れが使えることを考えれば
この舞台は合っている可能性はありそう。
ただ極端に緩いG1で完璧な挙動をしての2着という結果が、本当にこれだけの
人気に相応しいのかどうか…。
少なくとも実質的な時計面では不安要素がないとは言えないはず。

△ユースティティア
前走の同着でやっと勝ち上がったという履歴だが、未勝利戦でのパフォーマンス
自体はここに入ってもある程度上位に分類できる。
明らかに上がりの性能で見劣るという内容を示しているので、切れ負けの心配は
当然あるが、良いポジションから進められさえすれば好走もあり得る。

△フレンチカクタス
あまり決め手が問われるような展開だと、何の抵抗も出来ない可能性もあるが、
前半がある程度速くなり、勝負所で加速した後、ラストの粘り勝負という形に
なるようなら、タイプ的に好位から残る可能性はありそう。

☆ニシノステディー
前走の内容はかなり強いし、前々走では厳しい展開を逃げてライステラスと接戦
していたりして、能力の高さは間違いない。
それでも両者ともに、前半でしっかり引っ張って最後粘る形だったので、それが
マイルでは一本調子の内容になってしまう懸念はありそう…。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事