2011年2月10日木曜日

きさらぎ賞回顧 2011


レース総括
■(後続には)スローからの上がり勝負
■決め手が問われた


きさらぎ賞結果
トーセンラー1.47.6 33.4 05-04
リキサンマックス1.47.6 35.4 01-01
オルフェーヴル1.47.8 33.2 09-07
ウインバリアシオン1.48.0 33.6 07-05
メイショウナルト1.48.1 34.8 02-02

天候:晴 芝:良
上り4F:47.4 3F:35.4
前半1000m:60.2
12.4-11.3-11.6-12.4-12.5-12.0-11.3-11.8-12.3




レース詳細
ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~やや速いくらいの流れで、道中は
一旦落ち着く展開になり、その後ラスト4F~3Fに掛けて一気に加速して、直線で
減速するという形。

もちろんこれは、リキサンマックスが1頭飛ばす形で作ったラップで、前半を
完全に受け流した後続に目を向ければ、例年と比較してもスローの扱いとなる
ようなペースだった。

さらに、これだけ前と離れた展開だったのにも関わらず、向こう正面から追い
掛けた勝ち馬以外は、データ的に見ても道中であまり脚を使っていない(逃げ
馬とほとんど変わらないくらいの)内容を示していて、ほとんど決め手のみの
勝負だったと言えそう。

したがって今回しっかり評価できそうなのは、やはり勝ち馬のパフォーマンス
ということになりそうで、他の馬に関しては決め手など、適性面での評価に
止めておきたい感覚。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

トーセンラー
縦長の展開でも、実際のところは後ろには遅いくらいのペースで、それを早めに
押し上げて行ったデムーロJの好判断が光った。
そしてこの馬自身も、その騎乗に応えて道中でかなり脚を使う形から終いまで
しっかり伸び切っていて、1つ上の持久力&持続力を発揮した内容だった。
とりあえず今回の内容を見る限り、小回り2000mの皐月賞よりも、もっと先に
つながりそうな雰囲気ではある。

リキサンマックス
一応は飛ばす形から、最後までしっかり粘りを見せていて、持久力の面でこの
馬単体ではある程度評価できると思うが、そこまで極端なペースでもないのに
後続に放って置かれた…という恵まれた部分もやはりありそう。
この先の活躍に関しては、完成されてからはハイペース地力勝負専門となった
お兄さんも、若い頃は一応溜め→切れの形を見せていただけに、この馬もいずれ
それに近いタイプになり、舞台も中→短距離と変わっていくのかも知れない。
(現時点ではそうなったら面白い…というだけだが)

オルフェーヴル
前半の速さを受け流し、道中もそこまで追い掛けた訳ではなかったので、ほぼ
決め手のみという内容だったが、単純に距離が伸びても全くパフォーマンスが
落ちないという点で、持久力に関しての1つの裏付けにはなったかもしれない。
とりあえず今後の更なる距離延長に向けての不安はなさそう。

ウインバリアシオン
この馬自身としては良い脚を使っている方だが、タイプ的にここまで決め手勝負
よりに傾くと少しつらい。
やはりこの馬は、ゆったりと長く、純粋に持久力で勝負したいイメージが強く、
距離延長というのが今後の活躍には不可欠な気がする。
その意味で小回りの中山というよりも、もう少し先に適性がありそうに思えて、
長い目で見守りたい…という感覚。

メイショウナルト
位置取り的にメンバーの中では前半~道中で引っ張られた方だし、休み明けの
分を考慮すれば、まずまず評価できそうな内容。
タイプ的にあまり決め手が問われるような展開では微妙だが、一貫したラップを
刻むような舞台では一応の裏付けも持っていて、今後の上積み次第では楽しみな
存在になるかも知れない。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事