2011年2月22日火曜日

ダイヤモンドS回顧 2011


レース総括
■平均的な水準の道中から、上がりが少し速くなる形
■持久力&切れが問われた


ダイヤモンドS結果
コスモメドウ3.31.9 34.7 09-08-08-07
コスモヘレノス3.32.2 35.2 07-07-05-06
キタサンアミーゴ3.32.4 35.7 03-02-02-02
ビートブラック3.32.5 34.9 16-16-13-13
ゲシュタルト3.32.8 35.9 04-04-05-03
モンテクリスエス3.32.8 35.7 11-11-08-07

天候:晴 芝:良
上り4F:47.5 3F:35.3
13.3-12.3-12.5-12.6-12.0-12.6-12.0-13.0-12.9-12.9-12.7-13.0-12.6-12.2-11.3-11.9-12.1




レース詳細
ラップタイムを見ると、スタートはゆったりした形でも、前半部分はまずまずの
ペースを保って流れて、その後1~2コーナーから向正面が落ち着き、勝負所で
しっかり加速して上がりがある程度速くなる展開。

今回は、前半~道中で多少緩急の差がついた格好になったが、全体としてはこの
レースの平均くらいの流れにはなっていて、ある程度の持久力が問われる内容
だったと言えそう。

また展開的に、向正面が落ち着く形になったこともあって、勝負所ではしっかり
加速していて、切れを持っているということも重要だった。

今回の内容であれば、上位陣の実力はある程度信用して良さそうで、この先の
長距離戦線に向けては(細かい適性はその都度判断が必要だが)十分つながって
いきそうな雰囲気。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

コスモメドウ
前半は掛かり気味だったが、道中はしっかり対応して、1つ上とも言えそうな
決め手を発揮した内容。
とにかく今回は、同じ3000m級での勝利と言っても、超スローの前走とは全く
価値が違っていて、これで持久力に関して1つの裏付けが取れたという雰囲気。
もちろん天皇賞まで考えると、もう1段階上の持久力を示す必要があるので、
それに対応できるかどうかは未知数だが、この先もこの路線での活躍は十分に
期待できそう。

コスモヘレノス
結果を出している3000m級に戻って、持ち前の持久力を発揮した形。
結果自体に関しては、この馬としてはまずまずの上がりを使っていて、勝ち馬
とは斤量差もあったので、切れ負けという部分もありそう。
当然この先もこの路線では期待できる馬だが、天皇賞まで考えると、京都という
舞台を考えたら(いくら3000m級とは言っても)やはりもう少し決め手が欲しい
イメージになるので、ある程度展開的な助けが必要になるかも知れない…。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事