2011年3月26日土曜日

フラワーC@阪神競馬場展望 2011


予想
距離を意識したらさすがに道中は緩む展開になりそうだが、先行馬だらけとも
言えるメンバー構成で、前半は多少なりとも速くなる可能性はありそう。
したがって基本的には決め手の部分を重視しつつ、ある程度引っ張られた場合の
パフォーマンスにも注目しておきたい。

◎ハブルバブル
とにかく新馬戦の内容が秀逸で、そのままの内容を示せればここでも勝ち負け
出来てしまいそうなくらい。
連闘は気掛かりだが、むしろそれだけの意気込み…だと前向きに捉えたい。

○マイネイサベル
元々道中~上がりの持続力は示している馬で、長い直線を伸び切るという部分
でもこのメンバーならさすがに上位。
前走では前半で引っ張られる展開をしっかりこなしたし、今回も積極的に行き
過ぎなければ浮上は確実に思える。

▲サトノフローラ
上の2頭と比べればさすがに裏付けが足りない部分もあるが、それでも新馬戦の
内容はここには十分つながりそうなパフォーマンスだった。
休み明けは気になるが、注目はしておきたい1頭。

注マヒナ
決め手という点では明らかに物足りないが、前走を見る限り終いを伸び切れる
持続力は備えている。
展開的な助けは欲しいイメージだが、少しでも速くなれば浮上はできそう。

△ヤマノラヴ
速い上がりというのを示していないので、切れ負けの可能性は大いにありそう
だが、ある程度引っ張られる流れになれば、地力で主張出来ていいという存在。
展開次第では注意したい1頭。

☆イトククリ
前走はなかなかの好内容で、地力という点では上位に扱えると思うが、適性的に
ここの展開に対応できるかは疑問。
可能性としてはあってもいいが、感覚的には静観したい。

☆シナル
前走は1400mではあるが、適性的にはここにもつながりそうなイメージの内容。
ただし今回は脚質的に前半で脚を使ってしまう可能性はありそうで、強く推す
ところまではさすがに無理。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事