2011年3月30日水曜日

毎日杯回顧 2011


レース総括
■前半速く、道中は緩む形の上がり勝負
■切れ&一定の持久力が問われた


毎日杯結果
レッドデイヴィス1.47.1 33.9 03-05
コティリオン1.47.1 33.6 13-13
トーセンレーヴ1.47.3 34.3 03-03
エチゴイチエ1.47.5 34.3 05-05
アストロロジー1.47.7 34.5 08-05

天候:晴 芝:良
上り4F:46.7 3F:34.2
前半1000m:60.4
12.5-11.1-11.3-12.8-12.7-12.5-11.1-11.4-11.7




レース詳細
ラップタイムを見ると、前半やや速く、道中はしっかり緩む展開で、ラスト3Fで
一気に加速する形の上がり勝負。

今回は前半で引っ張られている分、一定の持久力は問われたと言えそうだが、
道中で息を入れられる場面があったので、切れという要素を持っているかどうか
…という部分もやはり大きかったように思う。

レベル的にもスプリングSと比較すると、"厳しさ"という点ではさすがに劣り、
馬単体での評価はまた別ではあるが、この先にどの程度つながるかは微妙という
雰囲気ではある。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

レッドデイヴィス
道中で溜められたことは大きいだろうが、前半しっかり脚を使う形からラストも
キッチリ伸び切っていて、単純に地力ではこのメンバーでは1枚上の雰囲気。
この先、我が道を行くしかない馬ではあるが、進路が限られている分、仕上げの
観点から1鞍に対する集中力という部分は期待できるので、実力&適性が条件に
当てはまりさえすれば、ある意味狙いやすい1頭ということは言えそう。

コティリオン
道中は緩いが前半引っ張られる形で結果を出したので、一定の評価はできそう。
ただし終いを伸び切るということに関してはともかく、単純に地力の面で相手に
及ばないという雰囲気はあって、この先相手強化でどこまで出来るかは微妙。

トーセンレーヴ
これまでとは違って前半でかなり脚を使っている内容だし、外目を回して溜めを
作りづらい状況ではあったので、結果自体はまずまずといったところ。
この馬は、個人的なイメージだと(長くゆったり走って)持久力&決め手(末の
持続力)を活かしたいタイプに感じるので、この先は前半~道中で脚を使う形
よりも、もう少し距離が伸びてこそという気もする。
応援しつつも、成長をじっくり待ちたいという感覚。



0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事