2011年3月23日水曜日

阪神大賞典回顧 2011


レース総括
■水準高く、上がりはロングスパートというハイレベル戦
■持久力&持続力が問われた


阪神大賞典結果
ナムラクレセント3.04.4 35.3 02-02-02-02
コスモメドウ3.05.0 35.7 03-03-03-03
モンテクリスエス3.05.1 34.7 12-12-13-10
コスモラピュタ3.05.1 36.4 01-01-01-01
メイショウドンタク3.05.1 35.1 07-07-09-08

天候:曇 芝:良
上り4F:47.5 3F:35.7
前中後5F:61.0-63.6-59.8
12.8-11.4-11.9-12.2-12.7-12.8-12.8-13.6-12.5-11.9-12.3-11.8-11.8-11.4-12.5




レース詳細
ラップタイムを見ると、前半がこのレースとしては速い流れで、道中も一旦は
落ち着く場面はあったものの向こう正面ではすぐにペースアップして、結果的に
かなりのロングスパートという形になっている。

今回の特徴は、まずは前半~道中の水準の高さで、当然のように高い持久力が
問われたと言えそうだし、レース後半にはある程度速いラップが並んでいて、
これまたかなりの持続力が問われる展開だった。

これだけの内容だと、どう考えても天皇賞につながる可能性は高そうで、4歳
最強レベルとの比較という部分はもちろんあるが、圧勝した勝ち馬に関しては
十分期待できそうな雰囲気。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ナムラクレセント
前にしっかり引っ張ってもらって、適性的に嵌まった部分もあるが、持ち前の
持久力&持続力を遺憾なく発揮したハイパフォーマンス。
本番がスローになった場合など、不安点もないことはないが、この内容であれば
(何頭出走してくるかは分からないが)4歳の強いところに対しても堂々と主張
出来ていいはず。期待したい。

コスモメドウ
勢い良く並び掛けてきたゲシュタルトなどを競り落とし、後続もしっかり凌ぎ
切っていて、勝ち馬との比較はともかく、一定の地力は示した形。
ただし今回の内容を見る限り、持続型の展開への不安というのは感じてしまい、
もう少し勝負所にメリハリのつく形の方が合っていそうな印象。
そう考えると、京都に替わることが良い方向に働くという雰囲気ではなくて、
本番では展開的な助けがどうしても欲しいイメージにはなる。



0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事