2019年4月23日火曜日

2019年4月20・21日 福島ラップタイム



先週のラップタイム一覧

注目のレース&馬、雑感
※福島牝馬Sの簡単な回顧あり
土曜3R ベイコート、スマートフルーレ
土曜10R ラルムドランジュ他
日曜1R クールティアラ
日曜7R リトミカメンテ
日曜10R コンダクトレス

※平均ラップ横の( )内はサンプル数。少ない場合は注意が必要です。
※平均ラップの集計期間:2015~2018年

個人的な回顧用ですが、何かしらお役に立てるのであれば幸いです。


土曜


1R


2R


3R

ほぼ平均的な流れだが、上がりが全く落ちず、水準は高い。
後ろを大きく離したベイコートスマートフルーレの地力は当然認めたい。

4R


5R


6R


7R


8R


9R


10R

ある程度水準高め。ラルムドランジュを筆頭に、上位の一定の地力は認めたい。

11R



かなりゆったりとした流れ。当然上がりは速くなったが、仕掛けが早く、
いい脚を長く…というレース。じっくりと進めた馬が優勢。

デンコウアンジュ
じっくりと進めつつ→直線伸び切って突き抜け。他と比べてワンテンポ遅らせた
仕掛けが奏功した格好。昨年この馬で強気な騎乗をして、今年も攻めた蛯名Jに
対しての⇔柴田善J。鞍上が1つの勝因とは言えそう。
(もはや関東ジョッキー界の役割の違い…という雰囲気の決着)
もちろん、馬も持ち前の決め手を存分に発揮した内容。本番も流れが落ち着く
ようなら、再度好走の可能性もあっていいはず。

12R




日曜


1R

クールティアラ
ハイペースから→上がりもあまり落とさずに押し切り。水準かなり高い。
当然その地力はしっかりと認めておきたい。

2R


3R


4R


5R


6R


7R

リトミカメンテ
流れに逆らわず…という内容だが、最後までしっかりと脚を伸ばしての勝利。
レースの水準も高く、その地力は認めておきたい。

8R


9R


10R

コンダクトレス
やや落ち着いた入り方だが、なかなかスピードが落ちず、結果的に前半ある程度
脚を使った形。そこから一旦溜めつつ→最後までしっかり持続させての押し切り。
その地力は十分認めていいはず。

11R


12R






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事