2019年4月20日土曜日

マイラーズカップ展望(ラップ傾向&予想)2019



まとめ
  • ペースはメンバー次第だが、後半の仕掛けは早くなる。
  • スピード持続力(&決め手)が問われる。
  • 予想◎インディチャンプ

過去のラップタイム

2018 12.2-10.7-11.0-11.9-11.4-11.2-11.2-11.7
2017 12.4-11.2-11.7-12.1-11.4-11.3-10.8-11.3
2016 12.3-10.7-11.1-12.1-11.7-11.7-11.3-11.7
2015 12.3-11.0-12.0-12.4-11.7-11.1-10.8-11.3
2014 12.5-11.0-11.4-11.7-11.2-11.4-10.9-11.3
2013 12.3-10.8-11.0-11.7-11.5-12.1-11.5-11.7
2012 12.1-10.8-11.4-11.9-11.3-11.2-11.8-12.7

過去7年の平均ラップタイム
12.30-10.89-11.37-11.97-11.46-11.43-11.19-11.67
1.32.27




ラップ傾向

(過去記事の転載)

ラップタイムを見ると、前半まずまずの流れから、上り坂で一旦は落ち着き
つつ→仕掛けがかなり早くなる展開。

ここまで全体の流れとしては、スローペースorハイペースという極端な展開が
半々くらいで現れていて、各年の間でラップのバラつきが大きい。
しかしその中でも、ラスト4F(下り坂)の区間ではバラつきが小さく、それは
つまり、"仕掛けの早さ"という部分だけは不変だということ。

したがって、コースの特徴からも、持続力を備えていることを前提として、
(速い馬場で実質的にそれほど負荷が掛からず、終いが落ちないことから)
ある程度末を伸ばせるタイプを中心に考えたい。


好走の条件
・スピード持続力(&決め手)があること



予想

馬場は速く、今年も少し流れれば31秒台もあり得る。(ペース微妙だが)
そして(今年も)エアレーション入り。差しもある程度浮上は出来て、(前も
もちろん残れるのだが)行き切って勝利するには少し難しさがある。

その中で今回、はっきりと行く馬がおらず、場合によっては有力馬が押し出さ
れるようにハナを切る…という可能性もなくはなさそう。

昨年は、その立場になったのがロジクライ。
結果的にペースも速かったが、やはり難しい競馬にはなってしまった。
その時の鞍上は川田J。どうしよう…。

◎インディチャンプ
前走・東京新聞杯は、やや立ち遅れつつ→リカバリーして、道中かなり締まった
流れの中でも、直線しっかりとした脚を使って抜けた格好。
ロスなく進めることが重要になったレースで、経済コースを進んだことも大き
かったが、やはり相当に強い内容と言っていいはず。
少し細かい脚使いをするタイプで、それに由来する"一瞬の切れ"や"捌き"が武器
という馬。その点、フットワークの差が出やすい京都外回りでどうか?という
部分はあるが、実際に締まった展開を勝ち切り、31秒台を経験していることは、
(経験のない)相手に対して1つ威張れる。
可能性があるのなら、妙味のあるこちらを選んでみたい。

○ダノンプレミアム
前走・金鯱賞は、有利な内を進めた形ではあるものの、長い休み明けで、直線
(まだ全開とは言えないものの)なかなかの推進力を見せて快勝。
ここはフットワークと性能というレースではあるし、とりあえず方向性としては
普通に合っているはず。
ただ1つ気になるのは、仮に31秒台での決着まで見据えた場合、絶対的に速い
スピードに耐える…ということが当然必要になり、(蹄に不安もあった中で)
そのあたりの鍛錬がしっかりと積めているか?という部分。
上記のようにハナを切ってしまう可能性もゼロではないし、1つ下げてみる。
(こういった課題をクリアしていった先の→アーモンドアイとの対戦に期待)

▲パクスアメリカーナ
リゲルSは、直線向かい風の中で、1頭だけしっかりと末を伸ばして突き放した
強い内容。自身が示した道中~上がりのパフォーマンスも高く、地力では当然
ここでも上位に扱える。
パワー寄りのタイプなので、絶対的なスピードが問われるこのレース向きとは
さすがに言えないが、実力的に全く何も出来ない…というのも考えにくい。
苦戦はしつつも崩れず…だった、エアスピネル的な感じになるのかも。
頑張っていれば、雨の安田記念とかが待っているかも知れない。今は耐える時。

注ケイアイノーテック
今振り返れば、それなりのメンバーだったG1の勝ち馬。実力はあるはず。
対パクスアメリカーナということで言えば、時計が掛かる状況&激しい展開の
こぶし賞で負けて、32秒台での決着&ミドルペース一貫のNHKマイルCでは
こちらが勝利(相手は不利もあったが)。適性的に今回はこちらのイメージ。
58kgを背負い、(ケイアイガーベラの名前がそうさせたのか)根岸Sを挟んだ
ローテも微妙なので、結局下の扱いだが、展開によっては逆転も考えてみたい。

△モズアスコット
昨年は、厳しい流れの中で、ある程度好位から進めて、尚且つ勝負所は早めに
動く形から→粘り込んだ強い内容。
スピードに対する耐性では(実際に示しているものだけなら)ナンバーワンと
言っていいし、時計勝負になるのなら、勝ち負けも当然あり得る。
それでも今年は58kgを背負うし、海外帰りの休み明けという状態。感覚的には
やはり、中心と言うよりも相手の1頭。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事