2019年4月23日火曜日

2019年4月20・21日 東京ラップタイム



先週のラップタイム一覧

注目のレース&馬、雑感
※フローラSの簡単な回顧あり
土曜7R ハヤブサレジェンド
土曜9R パラダイスリーフ、エデリー、アイスブラスト
日曜5R ポルーニン他
日曜11R フェアリーポルカ
日曜12R ミッキーワイルド他

※平均ラップ横の( )内はサンプル数。少ない場合は注意が必要です。
※平均ラップの集計期間:2015~2018年

個人的な回顧用ですが、何かしらお役に立てるのであれば幸いです。


土曜


1R


2R


3R


4R


5R


6R


7R

ハヤブサレジェンド
かなり落ち着いた入り方だが、その分後半しっかり。時計掛かる馬場を考えれば
水準もまずまず。一定の地力は認めたい。

8R


9R

前半まずまずの入り方をしつつ、後半がかなり締まった形。速い馬場を考えても
水準の高いレース。
(差しはまった部分はあるものの)後ろをしっかりと離したパラダイスリーフ
エデリーの地力は認めたいところだし、好位からまずまず粘り込んだ格好の
アイスブラストの巻き返しにも注目したい。

10R


11R


12R




日曜


1R


2R


3R


4R


5R

速い馬場を考えれば道中は一旦落ち着いた形だが、全体としての水準はまずまず。
ポルーニンを筆頭に、上位の一定の地力は認めたい。

6R


7R


8R


9R


10R


11R



前半まずまずの入り方をして、道中は(馬場を考えれば)しっかり緩んだ展開。
そこから上がりで大きく加速する形。一定の持久力&切れが問われた。

ウィクトーリア
中団後ろのインからじっくり。直線半ばで外寄りに持ち出しつつ→キッチリと
交わしての勝利。他の上位と比べて(結果的に)ワンテンポ仕掛けを遅らせた
ことが奏功したイメージで、展開的にも最も脚を残しやすいポジションでは
あったが、自身としては新味(決め手)を見せた形。選択肢は広がった雰囲気。

フェアリーポルカ
他の上位がロスなく進めた中で、大外枠発走から道中も外を進めて、後半は押し
上げる動きをした内容。それでも直線は、(最後はさすがに苦しくなったものの)
しっかりと主張できていたし、これは十分に評価して良さそうな5着。
当然、巻き返しに期待しておきたいところ。

12R

コーナーで一旦緩む形だが、馬場を考えれば前半まずまずの入り方はしていて、
全体としての水準も低くない。
ミッキーワイルドを筆頭に、上位の一定の地力は認めたい。





0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事