2020年2月15日土曜日

京都記念展望(ラップ傾向&予想)2020



まとめ
  • 少し落ち着いた流れから、上がりは長い脚を使う展開。
  • 一定の持久力&末脚の持続力が問われる。
  • 予想◎カレンブーケドール

過去のラップタイム

2019 12.9-11.2-13.1-13.1-13.0-12.2-12.2-12.0-11.9-11.1-12.1
2018 12.5-11.5-13.3-13.0-12.7-12.6-12.2-12.2-12.2-11.8-12.3
2017 13.0-11.5-11.9-11.8-12.0-12.6-12.9-12.4-12.3-11.9-11.8
2016 13.0-12.0-13.0-13.0-12.6-12.7-12.4-12.3-12.1-12.1-12.5
2015 12.8-11.4-12.6-12.3-12.1-12.2-12.4-11.7-11.4-11.0-11.6
2014 13.3-11.8-13.2-12.9-12.5-12.9-13.0-12.2-11.5-11.0-11.7
2013 12.6-11.4-12.6-12.8-12.4-11.9-12.2-12.0-11.8-11.3-11.5
2012 12.6-11.7-12.0-12.0-12.0-12.2-12.4-12.0-11.3-11.8-12.4
2011 12.6-11.3-13.2-12.5-12.2-12.9-12.4-12.0-12.0-11.2-11.6
2010 12.7-11.2-12.6-13.1-12.6-13.0-12.9-11.9-11.7-11.4-11.3

過去10年の平均ラップタイム
12.80-11.50-12.75-12.65-12.41-12.52-12.50-12.07-11.82-11.46-11.88
2.14.36




ラップ傾向

(過去記事の転載)

ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~やや遅いくらいの流れで、道中は
基本的には一旦落ち着く展開となり、その後ラスト4Fから徐々に&しっかり加速
していき→最後だけ少し落ちる形。

このレースは、形としては緩い流れからの上がり勝負だが、その上がりでは4Fの
(もしくはそれ以上の)長い脚が必要になる。当然、勝負所までの道中を如何に
脚を使わないで進められるかが重要で、結果的には、持久力の高い馬が自然と
上位に浮上してくる。

したがってここでは、持久力という長距離的な要素と、決め手(切れ)や持続力
といった中距離的な要素を併せ持っていることが重要で、どちらか一方だけでは
厳しく、さすがにG2らしく、しっかりと格が問われるレースになっている。


好走する条件
・一定の持久力は必要
・末脚の持続力があること



予想


朝からレースの時間帯はずっと雨の予報。どこまで悪化するのか…。

◎カレンブーケドール
内有利な状況で枠的な恵まれがあったとは言え、締まった展開のジャパンCで
ダービー馬たちを押さえ込んでの2着。
単純に考えて、今回はその馬が53㎏で出走できる。当然有力。
タイプ的にも、持続的な脚の使い方になるこの舞台にはピッタリはまって良さ
そうだし、道悪も前走でこなしている訳なので、特別に問題にはならないはず。
妙味はないが、ここは素直に期待しておきたい。

◯ステイフーリッシュ
ここでは昨年2着していて、京都新聞杯のハイパフォーマンスでの重賞勝ちも
ある舞台。適性は当然高い。
前走も、ロスのない好騎乗ではあったものの、道中が締まった展開でグランプリ
ホースを相手にキッチリと2着を確保したし、スピードよりも持久力が問われ、
持続型の脚の使い方になる設定では、1つの格を備えている馬。やはり注目。

▲プリンスオブペスカ
前走は、道中で一気に押し上げた格好で、後半も長い脚が問われる展開になって
伸び切れず→5着に終わったが、パフォーマンス的には十分上位に扱える内容。
この鞍上の積極性は諸刃の剣な部分もあるが、これだけ頭数が落ち着いた中では
プラスに働く可能性もあるし、とりあえず、ブービー人気というのは甘い印象。
妙味込みで、ここは注目してみたい。

注クロノジェネシス
ある程度"長さ"を感じさせるタイプ…という部分で、(個人的に)これまでは
長めの距離の方がいいと思っていたのだが、秋華賞⇔エリザベス女王杯の比較や
経歴の中の数字から、意外とそうでもないのかも…と、今回思ってしまった…。
秋華賞の内容はやはりかなり強いし、今の馬体の充実振りから、地力であっさり
→杞憂に終わる可能性もあるが、疑問符が取れるまでは、少しだけ控える。

△アルメリアブルーム
ここに対する裏付けとしては、(少し遡ることになるが)オリオンSの道中〜
上がりで示したパフォーマンスならば、十分機能しそうに思える。
近走も、上がりに寄った展開を除けば安定した内容を示しているし、道悪が想定
される今回は、当然体力勝負の方に傾くはず。
相手は強いが、浮上の可能性は考えておきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事