2020年5月20日水曜日

京王杯スプリングカップ回顧(ラップ分析)2020


まとめ
  • ゆったりとした流れからの→上がり勝負。
  • 切れが問われた。

京王杯SC結果

ダノンスマッシュ1.19.8 33.1 01-01
ステルヴィオ1.20.0 33.0 04-03
グルーヴィット1.20.1 33.1 02-03
ラヴィングアンサー1.20.1 32.4 11-11
セイウンコウセイ1.20.1 33.3 02-02

天候:雨 芝:稍重
上り4F:44.6 3F:33.1
前半3F:35.2
12.4-11.5-11.3-11.5-10.9-10.9-11.3




レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、かなりゆったりとした入り方から、勝負所でしっかりと
加速して、最後まであまり落ちない形。

上がり勝負。基本的にはそれで言い足りる。
雨でも極端な馬場悪化がなかった中で、このレベルの馬たちが、このペース。
適性的には、シンプルに切れが問われた。

脚質的には、これもまた圧倒的に前…という結果。シンプル。
特に高松宮記念で(結果的に)溜め過ぎた馬たちが、今回しっかりポジションを
取って、上位を独占した格好。

この先に向けては、この展開が安田記念につながるか?とも思ってしまいそうな
ところだが、実際には、ここで究極的な決め手を発揮して好走した馬が→本番も
好走するパターンは結構ある。

マイル水準で見れば遅くはないスピードからの→切れというところで、適性的に
ハマるのかも知れない。
それぞれの挙動&適性を見極めつつ、注目はしておきたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ダノンスマッシュ
とりあえずは積極的にポジションを取りに行った…ということが大きく、まずは
鞍上の好騎乗とは言っておきたい。
しかし、高松宮記念の上がり勝負で何も出来ず、スピードに寄ったスプリンター
として完成し過ぎてしまったのかな?と思わせた馬が、1400mの上がり勝負で
マイルG1馬を抑え込んでの勝利。元々速い上がりも使えていた馬ではあるが、
ロードカナロア産駒の奥の深さ…を感じさせた。
今の超高速の安田記念なら、意外とアリなのかも知れない。

ラヴィングアンサー
道中は比較的ロスなくだが、勝負所で外に持ち出しつつ→直線大外から唯一差し
浮上しての4着。最後は少し甘くなったものの、当然評価しておきたい内容。
昨年の今頃も晩春Sで究極的な決め手を見せているし、本質的にこの手の条件が
合う部分はあるのだろうが、過去、安田記念でも好走した馬は、ここでしっかり
とした決め手を発揮して「差し浮上した」馬だったりもする。
(※ヴァンセンヌ、サトノアラジン、レッドファルクス、サトノアレスなど)
とりあえず、条件には当てはまっている。面白いかも。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事