2021年1月23日土曜日

東海ステークス展望(ラップ傾向&予想)2021


まとめ
  • ミドルペースから、道中が締まって→上がりは緩急のつく展開。
  • 持久力&持続力(&切れ)が問われる。
  • 予想◎インティ

過去のラップタイム

2020 12.3-11.7-12.9-12.4-12.4-12.3-12.0-11.9-12.3 京都開催
2019 13.0-11.2-12.7-12.3-12.3-12.4-12.4-11.6-11.9
2018 12.7-11.1-12.9-12.8-12.0-12.2-12.7-12.4-13.0
2017 13.0-11.5-13.6-13.1-12.5-12.4-12.4-12.0-12.7
2016 12.9-11.7-13.2-12.8-12.3-12.2-12.6-11.7-12.5
2015 12.9-11.0-12.8-12.2-12.3-12.2-12.3-12.0-13.2
2014 12.6-11.2-12.4-12.1-12.1-12.1-12.7-12.2-13.0
2013 12.6-11.0-12.4-12.2-12.2-12.4-13.0-12.5-12.7

過去8年の平均ラップタイム(2020年は除く)
12.81-11.24-12.86-12.50-12.24-12.27-12.59-12.06-12.71
1.51.29



ラップ傾向

(過去記事の転載)

ラップタイムを見ると、前半ミドルペースから、道中はかなり締まった展開に
なり、4コーナーで一旦溜めつつ→~直線で加速して、最後は一応しっかりと
落ち込む形。

ここの特徴は、まずはやはり道中の厳しさで、当然高い水準の持久力が問われる
ことになり、過去のレースでも、G1(好走)級の馬が普通に勝ち負け…という
結果が多くなっている。

また勝負所では、キツい4コーナーによって一旦減速しやすい構造になっている
ことから、単純に道中~上がりで持続すればいい…という訳ではなく、再加速の
ために、上り坂の区間である程度しっかりと脚を使う必要がある。
そのことが余計に(一定以上の切れを併せ持つ)G1馬に向くのかも知れない。


好走の条件
・高い持久力&持続力を備えていること
・(切れがあること)



予想

極端に速い時計が出ている訳ではないが、湿った馬場で、日曜も回復しそうな
予報にはなっていない。
まずは位置取りとスピード。そこに1つ上の決め手を発揮できそうな馬が絡む
可能性を考えつつ。

◎インティ
チャンピオンズCは、ジワっと入りつつ→1~2コーナーで外を大きく回す形。
その後はビッシリ締まった展開になり、唯一溜められる瞬間を逃した格好だが、
それでも直線は踏ん張っての3着。改めて地力の高さを示した。
マイル(レベル)の極端に速い入り方では崩れることがあっても、中距離一貫
という条件では安定して高いパフォーマンスを示しているし、ここではやはり
1つ抜けている扱い。枠もいい所を引いたし、ここは素直に推しておきたい。

○オーヴェルニュ
前走は、スタートは落ち着いた入り方だったが、道中を高い水準で進めつつ→
上がりをしっかりとまとめての勝利。単純にその時のパフォーマンスは高く、
ここでも普通に上位に扱える。
同舞台のスピードレースでも勝利がある馬で、適性面でも問題はなさそうだし、
好走の可能性は十分。しっかりと注目しておきたい。

▲タイキフェルヴール
前走は、引っ張られる展開の中で、自身は道中で極端に脚を使いつつ→上がりは
止まりながら…という内容での勝利。位置取り的には恵まれた部分もあったが、
地力は認められる。その内容がここにつながるのか?とも思うが、舞鶴Sでは、
上がり勝負の中で1枚上の決め手を発揮して勝利している馬。
ロスなく回して→直線、坂上でまとめて…という可能性もあって良さそう。

注ハヤヤッコ
前走は、厳しい展開の中で位置取り的には恵まれた方だが、自身も道中をかなり
高い水準で進めつつ→上がりをまとめての差し切り。その地力は認められるし、
とにかくここ数戦は走る毎にパフォーマンスを上げている状況。
この舞台に対する適性はどうか?というのはあるが、それは前走にしても言える
こと。壁を越えてくる可能性は、やはり考えておきたいところ。

△グレートタイム
2走前は、ハヤヤッコには負けているが、厳しい展開の中で一足先に先頭に立ち
つつ→最後差された格好で、地力は十分に認められる。
オーヴェルニュが勝った同舞台・名古屋城S(上記スピードレース)では、直線
詰まった場面がありつつも3着は確保しているし、適性も悪くはないはず。
下が湿って格を上げるキンカメ産駒。ロスなく→食い込む可能性は考えたい。

△ダノンスプレンダー
示している水準としては、現状ここでは特別に威張れる程のものはないのだが、
フィリピンTでは、道中で厳しいラップを踏みつつ勝利しているし、そもそも
崩れたことがない馬。やはり一定の地力は備えているはず。
ロードカナロア×シンボリクリスエスという部分でも、今の状況にハマりそうな
イメージになるし、とりあえず相手には考えておきたい。

△アナザートゥルース
チャンピオンズCは、少し物足りない部分はあったが、直線半ばでは既にやめて
いる格好だったし、内容的にも、この馬にとっては前掛かりに行き過ぎた印象。
地力は元々しっかりと示している馬だし、今回もう少し平均的に脚を使って一貫
した内容になれば、なだれ込む可能性はあっていいはず。
基本的には常に圏内には来る馬。一応の巻き返しに期待。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事