2021年1月7日木曜日

中山金杯回顧(ラップ分析)2021


まとめ
  • 落ち着いた流れから、後半徐々に&大きく加速する展開。
  • 末の持続力(&多少の切れ)が問われた。

中山金杯結果

ヒシイグアス2.00.9 34.5 05-08-05-06
ココロノトウダイ2.00.9 34.4 08-05-08-06
ウインイクシード2.01.2 35.2 02-02-02-02
ロザムール2.01.4 35.5 01-01-01-01
アールスター2.01.4 34.4 13-13-13-13
テリトーリアル2.01.4 35.2 03-02-03-03

天候:曇 芝:良
上り4F:46.8 3F:35.0
前後半1000m:62.0-58.9
12.5-11.4-13.1-12.4-12.6-12.1-11.8-11.5-11.3-12.2



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半ゆったりとした流れから、道中もなかなかペースが
上がらない展開で、後半は徐々に&大きく加速する形。

今回は、シンプルな上がり勝負。この舞台なので、瞬間的な加速…という形には
さすがになっていないが、前後半で言えばハッキリとした後傾。
適性的には、末の持続力(&多少の切れ)というレースだった。

脚質的には、やはりこの展開だけに、ある程度流れに乗った馬が優勢になった
イメージだが、それと同時に(後半のコーナー部分が速く)外を回すと脚を使い
過ぎる形…という部分で、極力ロスなく進めることが重要になった。

この先に向けては、勝ち馬などは十分評価できそうな内容ではあるし、上位の
一定の力は認めつつ、外から負けた馬の巻き返しにも注目はしたい…といった
ところ。それぞれの挙動をチェックして、細かい上げ下げをしたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ヒシイグアス
ある程度流れに乗り、勝負所は外を回しつつ→直線しっかり。最後は競り合いを
制しての勝利。馬群の中で極端なロスはしていないものの、上位の中では距離を
走った格好だし、その実力は当然認めておきたい。
この先、地力の部分ではもう1つ裏付けが欲しいが、4歳秋以降のハーツクライ
産駒というところで、現状シンプルに格を上げてきている…のかも知れない。
更なる前進を示す可能性もしっかりと考えておきたい。

ココロノトウダイ
内からロスなく進めて、直線少し持ち出しつつ→しっかり脚を伸ばしての2着。
末の持続力は元々示していた馬で、この展開に対しては適性的に合っていたが、
実際に重賞で勝ち負けを演じたこと自体、やはり一定の評価はしておきたい。
この先は、もう少し厳しい展開の中でどこまで出来るか?を見極めつつ、持続
方向の舞台では(特に)注目したいところ。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事