2021年1月27日水曜日

東海ステークス回顧(ラップ分析)2021


まとめ
  • 前半~道中がかなり速くなった展開。
  • 高い持久力が問われた。

東海S結果

オーヴェルニュ1.49.2 37.8 03-03-02-02
アナザートゥルース1.49.5 37.6 05-06-06-06
メモリーコウ1.49.5 37.2 10-09-09-08
デュードヴァン1.49.6 36.7 14-13-13-12
グレートタイム1.49.8 37.8 07-07-07-07

天候:雨 ダート:不良
上り4F:49.9 3F:37.8
前半1000m:59.3
12.7-10.9-11.8-12.2-11.7-12.1-12.7-12.2-12.9



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半から速くなり、その後もなかなかスピードが落ち
ない(むしろ再加速まで入る)展開。勝負所で一応緩急はついているものの、
上がりは掛かった。

今回の特徴は、馬場を考えても前半~道中がかなり速くなったこと。
あからさまに前掛かりな展開の中で、後続も(特に道中で)極端に脚を使いつつ
→上がりは止まりながら…という内容になっていて、適性的には、高い持久力が
問われることになった。

脚質的には、この展開なので基本的に前の馬には難しくなり、差し馬優勢だった
とは言えそうだが、上記のように後続も追走部分でかなり脚を使わされた格好。
地力(&馬場適性)があってこそだった。

この先に向けては、とりあえずは上位の地力を認めて…といったところだが、
前から負けた馬の巻き返しなどにも、当然注目はしておきたい。
それぞれの挙動をチェックしつつ、次戦以降で細かい上げ下げを考えたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

オーヴェルニュ
好位外から、勝負所も積極的に進めつつ→直線しっかりと押し通しての勝利。
やり合った前を眺めながら…という形ではあったが、この厳しい展開を正攻法で
ねじ伏せるような格好での快勝。その地力は当然認められる。
ここ数戦は常に高いパフォーマンスを発揮できているし、明け5歳という点でも
ダート馬として完成に近づきつつある…という雰囲気。
本番では、マイルで実際にどうか?というのはあるが、今回の前傾の内容的には
つながる可能性がありそうだし、当然注目はしておきたいところ。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事