2021年1月13日水曜日

シンザン記念@中京回顧(ラップ分析)2021


まとめ
  • 前半(~道中)がある程度速く、淀みのない展開。
  • 持久力&持続力が問われた。

シンザン記念結果

ピクシーナイト1.33.3 35.2 01-01-01
ルークズネスト1.33.5 34.8 10-09-07
バスラットレオン1.33.7 35.5 02-02-02
ククナ1.33.8 34.9 10-10-10
セラフィナイト1.34.0 34.7 13-13-12

天候:晴 芝:良
上り4F:47.0 3F:35.2
前半4F:46.3
12.5-10.9-11.3-11.6-11.8-11.6-11.6-12.0



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半からある程度速い流れになって、その後もなかなか
スピードが落ちない展開。そのまま勝負所に突入して、一応の加速を示しつつも
→上がりは(相対的に)少し掛かった。

今回の特徴は、やはり前半(~道中)の速さ。
そこで引っ張られた&締めつけられたことで、適性的には、シンプルに持久力&
持続力というレースになった。とりあえずは地力が反映されたはず。

脚質的には、この展開ならば、もっとハッキリとした差し決着でもいいくらい
だが、そこは(ある程度流れに乗らないと…という)今の馬場。
一応は前後どちらも…という結果になった。
(後ろ過ぎは論外。どちらにしても地力があってこそ)

この先に向けては、コース取りに左右された部分はあるだろうし、細かい序列は
考える必要がありそうだが、上位馬の地力は当然認められる。
それぞれの単独のパフォーマンスを、まずは素直に評価しておきたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ピクシーナイト
逃げて、1400mの前走と(実質的に)同じようなペースで進めつつ→上がりを
まとめての押し切り。とりあえずは、パフォーマンスを大きく更新。その地力は
当然認めておきたい。
今回のような、前半で脚を使って→道中~上がりを一定水準でまとめる…という
内容は、距離短縮につながりやすい走り方。なので、基本はその方向性かな…
とは思うのだが、坂上で惰性を効かせて押し通す姿は、ダイワメジャー産駒の
マイラーたちと少しイメージが被る。(もちろんこの馬はモーリス産駒だが)
その点で、5月の府中ならば、あるいは。もう少し考えたい。

ルークズネスト
微妙なスタートから、後半徐々に外に持ち出しつつ、道中~上がりを一定に近い
水準でまとめての浮上。高い持続力を示した。
元々緩さがあるタイプで、もっと体がしっかりしてくれば…というところがある
馬なので、現段階でこれだけ出来るのなら十分…とは思える。
モーリス産駒(ディープインパクト入り)らしい大きな走りに、中身が伴って
くれば、この先、化ける可能性もあるのでは?
そんな夢を抱きつつ、じっくりと見守っていきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事