2021年1月2日土曜日

2020年的中率・回収率



現在のツールが確立されてからの12年目・2020年の成績を振り返ると…。

2020年的中率・回収率

※( )内は2009~2019年の平均との比較

勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
22(+1)40(+3)50(+1)64(-30)85(-9)
14(-1)26(-2)35(-4)58(-40)62(-20)
15(+3)26(+4)39(+7)75(-4)83(+8)
13(+4)23(+3)36(+7)94(+17)116(+42)

券種的中率回収率
◎○馬連7(±0)63(-72)
◎○ワイド16(-2)53(-52)
◎→○▲注
馬連流し
22(+5)113(+17)

(期間:1/5~12/27、レース数:129、中央のみ)


上半期のみ
勝率連率複率単回複回
2141508289
921352959
18274493104
1521299485

券種的中率回収率
◎○馬連673
◎○ワイド1866
◎→○▲注
馬連流し
21113

下半期のみ
勝率連率複率単回複回
2238514680
1930358966
1124335762
11254394149

券種的中率回収率
◎○馬連852
◎○ワイド1339
◎→○▲注
馬連流し
24113


雑感

◎に関しては、勝率&複勝率は年間を通して一応安定。
的中率は平均よりもむしろいいくらいなのだが、とにかくもう(特に下半期の)
単勝回収率がどん底…。

個人的には、本命の勝率&単勝回収率こそ、最も重視している部分。
その2つのバランス。そこそこ信頼を置けて、尚且つ穴的な馬もピックアップ
できている状態…というのが目指しているところ。

回収率のみが悪い2020年の場合は、要は人気馬しか勝っていない。穴的な馬
(の勝利)を掴み切れなかった…ということ。煮え切らない選択だった。


○に関しては、全項目的に完全に一人負け状態。他に吸われた部分もあるが、
とにかく来なかった(特に上半期)。もはやこれは言うべき言葉もない。

ちなみに、○の不調で→大物が紛れ込む確率が下がる…というところで、◎○の
馬連ワイドの回収率はやはり厳しい結果に。とにかく、この関連は赤字一直線。


▲&注に関しては、的中率がそれぞれ大きく上昇。特に注は大物を含んでいて、
回収率も含めて完全にジャンプアップしている。
ただ、これは素直には喜べない。本来思い切って推すべき馬を、半端な評価に
しかできなかった…ということの裏付けでもある。

その関連で、◎→○▲注馬連流しだけは的中率&回収率ともに安定。2020年の
中では唯一満足できる数字だが、元々(本命が勝たなくとも)これで良しとする
スタイルではなく…。(馬券特化の考え方ではないので)
個人的にはやはり、本命の長打が欲しい気持ちが強い。評価は微妙。


最後に全体としては、◎~注の中から勝ち馬が出る確率は64%(過去平均は
58%)。結局2020年も、ピックアップまではいいが、詰めが甘いという結果。
これは過去最高の65%だった昨年に引き続き…の課題ではあり、最終的に何を
推し切るか?というところでの決断が、とにかくブレたな…と。

考えられる理由の1つとしては、指数の導入。
以前から使ってきたツール(一応これは地の強さを示すもの)を基準としている
ことは変わっていないのだが、馬場の高速化などによって、時代に少し合わなく
なっている部分もあり、それをカバーするために補助的に使い始めたのが指数。

それは、これまでのものと比べると、性能面の評価がより反映されやすくなって
いるのだが(もちろん地力も込み)、例えばそれぞれの指標が別々の本命候補を
あげた時、人間としては…迷ってしまうことになる。

この点に関しては、ツールのマイナーチェンジをした時と同様に、経験と統計に
よって解決していくしかないのだが、現状は道半ば。

2021年は、とにかく慣れる。そしてさらなるデータの蓄積をする(過去数年の
シミュレーションでは一応指数は有効…とは思われる)。まずはここから。
目標としては、昨年に引き続き↓。特に行くべき時の「見極め」という部分を
肝に銘じておきたい。(←銘じないと、いつの間にか大体忘れてるので…)


2021年へ向けては…
・軸の信頼度を見極めた上で、行く時は行く(メリハリをつける)





0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事