2021年1月30日土曜日

シルクロードステークス@中京展望(ラップ傾向&予想)2021


まとめ
  • 前半である程度引っ張られつつ、その後は淀みのない展開。(想定)
  • 持久力&持続力が問われる。
  • 予想◎ラウダシオン

参考ラップタイム

(高松宮記念&CBC賞平均)


ラップ傾向

中京開催。とりあえずは、セントウルSの時と同様に、同舞台の高松宮記念&
CBC賞のラップタイムを見ておくと↓

高松宮記念は、(実質)スタート直後が速く→その後フラットな展開。
CBC賞は、まずまずの入り方をしつつ→道中もペースを落とさない展開。

梅雨時ではあるものの、開幕週に行われるCBC賞の方が、やはりスピードで
押し通すような構造になっていて、一方で高松宮記念の方は、もう少し負荷が
掛かる馬場という点で、より持久力の要素が問われるイメージになっている。
(もちろんレベルの差もあるが)

今回は、寒い時期&馬場も使い込んだ状態…という条件なので、当然スピード
よりも地力の方に重点を置きたいところ。
もちろん坂上が長い中京なので、単に粘るだけでは足りない。地脚が強くて&
止まらない(持続力のある)タイプを中心に考えておきたい。


好走する条件
・持久力&持続力があること



予想

コース替わりだが内に傷んだ所が残っていて、土曜のレースでも、あからさまに
内先行が止まるレースがありつつ→徐々に馬群全体が内を避ける格好に。

ジョッキーたちのコース取りにも左右されそうだし(カオス)、そこの想定は
絶望的に難しいが、とりあえず、距離は走ることになる。⇒上がりをしっかりと
まとめられそうなタイプ(短縮組など)を中心には考えたい。

◎ラウダシオン
元々は小倉2歳Sで3着。距離自体はこなせていいだろうし、前半が速い流れに
なったファルコンSの内容からは、ここの水準で進めても→上がりをしっかりと
まとめる…ということが出来ても良さそう。
枠的にも、無理せず自然と好位の外を回ってくる形になりそうで、今の状況には
ピッタリはまりそうなイメージ。
実際に走ってみなければ…というところは一応あるが、ここは期待してみたい。

○ヴェスターヴァルト
前走は、前半引っ張られつつの→一貫という展開の中で、自身はほぼイーブンで
まとめての勝利。道中は一旦控えた格好だが、スタート自体は出ていたし、その
時のスピード水準から考えて、距離短縮にも対応はできて良さそう。
前走でもそうだが、終いを伸び切ることが出来る馬。極力ロスを抑えて→中を
突くような競馬をすれば、最後に交わすイメージも湧く。注目したい。

▲シヴァージ
常にしっかりとした決め手を発揮できている馬で、単純に間に合うかどうか。
その点、昨年のこの時期にも(小倉ではあるが)高いパフォーマンスを発揮して
勝ち切っているし、そろそろ出番が回ってきてもいい頃合いではある。
他の馬も外に向かう状況で、捌けるか?という問題はあるが、展開&コース取り
次第では全てまとめて…という可能性もあるはず。頭まで。

注クリノガウディー
同舞台のほぼG1馬。その時のパフォーマンスで考えれば、当然の上位扱い。
前走の内容から、パフォーマンスも戻ってきているし、本質的に1400m辺りに
適性がありそうなタイプだけに、馬群全体が大きく回ってくる状況もプラス。
今回は58kgを背負うし、またもや…の乗り替わりだが、スタートが決まって、
ある程度流れに乗れれば、上位に食い込む可能性は十分にあるはず。注目。

△モズスーパーフレア
同舞台のG1馬。示しているパフォーマンス的には、ここでは普通に上位。
スプリンターズSは、外差しが優勢になった中で、圧を掛けられる逃げ方になり
厳しくなったが、ハイペースへの耐性自体は示しているし、地力は確か。
今回も同じような馬場&実質トップハンデ。難しさはあるが、競合しそうな馬は
多くないし、マイペースで進めての→粘り込みはやはり考えておきたい。

△ライトオンキュー
前後半をイーブンにまとめる形で、高いパフォーマンスを発揮している馬。
経歴的には自身33秒台で入る形だと味が出なくなる…という雰囲気だが、今の
馬場では、とりあえずそこは問題がなくなる可能性はある。
今回は内枠に入ったので、馬場の悪い所を、早い段階でいかにスムーズに抜け
出せるか?が鍵にはなりそうだが、それが叶うなら当然の上位候補。相手には。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事