2021年2月20日土曜日

フェブラリーステークス展望(予想)2021



予想


迷った。候補をピックアップしつつも→その先が全く進まない…。
指数的に上位が拮抗している中で、枠などの条件が各馬少しずつハマっていない
印象があり、展開も流動的に思える。⇒最終的には、元々の狙い馬を重視。

(時間的にコメントしきれなかったが、以下エアスピネル、ソリストサンダー、
レッドルゼル)

◎アルクトス
根岸Sは、59kgを背負って、後半は馬群の中で詰まった内容。大型馬が肝心な
所でブレーキを掛ける形になっては、さすがに難しくなった。
その不安がある馬だけに、外枠なら…と思っていた中で、内寄りの枠。
これによって→迷いに迷うことになったのだが、インティなど、はっきりと前に
行く馬が内にいる点は、幾分かマシ。前走同様、サクセスエナジーの1つ外の枠
というところで、相手を眺めつつ→好位外に落ち着く可能性はありそう。
マイルでは南部杯のハイパフォーマンスがあり、昨年のここでの暴走を除けば、
同舞台のレースは全て勝ち切っている馬。推し切ってみたい。

○サンライズノヴァ
チャンピオンズCを除けば、一昨年秋の覚醒後は安定して高いパフォーマンスを
発揮している馬で、指数的には(どれも僅差だが)一応ナンバーワン。
単純にこの舞台は得意だし、とりあえず周ってくれば普通に浮上してくるはず。
ただし、覚醒後は積極的な位置取りからの→正攻法が出来ていた中で、近走は
控えての→ぶん回しという形に戻っている(と言うか固定されている)雰囲気。
その分の展開リスクはやはりあって、1つ推し切れず…の2番手。

▲カフェファラオ
前走チャンピオンズCは、終始中団の外々を回ってくる内容。中京ではハッキリ
難しい競馬で、これは崩れなかっただけでも良しとしたいところ。
同舞台ユニコーンSは、単純に強い内容。古馬G1のレベルだとまだまだという
扱いにはなるが、そこから中距離で経験を積みつつ→適性のハマるここで前進を
示す可能性は当然ありそう。
実際に示している数字の部分で評価はこの位置に止めたが、頭まで考えたい。

注ワンダーリーデル
根岸Sは、ギリギリまでじっくり溜めつつ→しっかりとした決め手を発揮しての
2着。展開に対する内容がハマった部分はあるが、昨年との比較でも、流れに
乗れている扱いだし、結構今はいい状態にあるのでは?という気もする。
元々8Fで前進を見せるタイプではあって、前走のパフォーマンスを考えれば、
4着した昨年の内容を上回ってくる可能性は十分あって良さそう。
(評価は結局4番手だが)人気も甘めだし、当然注目はしておきたい。

△インティ
基本的にハイペースを粘るのではなく、平均的に脚を使って→持続力で押し通す
形で強さを見せている馬。大敗しているレースは、ほぼ全てが前者のパターンに
該当しているし、それらはシンプルにスルーでいいはず。
もちろんその点では、ここは前半が速くなりやすい舞台だし、難しくなる確率は
高めなのだが、勝ち切った一昨年のように、ミドルペースに落ち着くパターンも
しばしば現れるレース。武豊Jが場を支配して…という可能性は一応考えたい。

△オーヴェルニュ
前走・東海Sは、厳しい展開を好位から→正攻法の競馬で完勝。
過去の(脚の使い方が)近い例で言えば、コパノリッキーあたりと比べると、
あと1つ末を伸ばせていたら…というのはあるものの、その前傾の内容は、距離
短縮につながってもいいはず。
タイプ的には、スマートファルコン産駒らしく、地の強さで押し通す方向性には
思えるので、舞台に対してピッタリとは言えないが、好走の可能性は考えたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事